MFC キューンシリーズ<br> 黄昏星のスイとネリ 〈2〉

個数:
電子版価格
¥704
  • 電書あり

MFC キューンシリーズ
黄昏星のスイとネリ 〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 15時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 164p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046807427
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

人間の少女・スイとナマケモノのネリが営む民宿では、
宇宙行きの予定が延期になったシダが長期滞在中。
ひとつ屋根の下で一緒に過ごす時間が増えるにつれて、
3人の間にはお店とお客さんの関係を超えた絆が芽生えていく。
そんな中、シダが体調を悪くしたおばあさんの面倒を見るため、
一時的に地元の都会に帰ることになり――。

過疎化した地球で暮らす元気印の少女と
しゃべれるナマケモノが贈る、ハートフル絆ストーリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

YS-56

3
この黄昏は優しくて美しい。宇宙もそうでありますように。2022/02/01

トオル

1
あ〜、スイとネリの暮らしをもっと読みたかったなぁ。1巻はまだそんなに終末色は強くなくて永遠の昼下がり的なのんびり感があったけど、今回のテツナギ島の外の世界で本当にこの星は衰退していく一方なんだと知り…切なさと僅かの希望にじ〜んとなった。ほんとスイとネリの明るさに救われる。いつか、この黄昏の星には宇宙に旅立てない一握りの人間と言葉を話す動物たちが暮らし、そのままゆっくりと闇に沈んでいくんだろうか…テツナギ島が地球最後の楽園みたいな。背景にそういう滅びの気配を感じさせながら基本はほっこりなので癒される〜2022/02/07

辺野錠

1
今回も心がじんわりと温かくなるような雰囲気が良かった。忘れ物を届けに島の外へ出るのも新しい展開になっていた。スイとネリの出会いが掘り下げられるのも良かった所。そこの話ももっとやっていけそうだったし2巻で終わりなのがとても悔しい。2022/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19131517
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。