MF文庫J<br> ライアー・ライアー〈8〉嘘つき転校生はごく普通のJKに嫉妬されています。

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

MF文庫J
ライアー・ライアー〈8〉嘘つき転校生はごく普通のJKに嫉妬されています。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 15時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046806109
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

SFIAの激闘後、俺・篠原緋呂斗は重大な問題を抱えていた。それは次の学校対抗イベント「修学旅行戦」の参加者が同学年のみで、学園島最強(しかも偽)の俺と姫路以外で英明学園に実績のある2年生がいないことだ。対する他学区は彩園寺&藤代のいる桜花を筆頭に有力プレイヤー揃い。しかも皆実と枢木は連合を組んでくるだって!? 舞台は世界を代表する有名リゾート・通称「カジノ島」。それでもイカサマを武器に華麗に世界デビューなつもりの俺だったが、目前に現れたのは絶対に出会ってはいけない「ごく普通の女子高生」。俺たちの「嘘」は今、正真正銘の危機に直面していた――

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

げんごろう

14
カジノ島での修学旅行戦を描いた今巻。 同学年のライバル達が集結しての頭脳戦。 まさかこのタイミングであのキャラが登場するとは。 全く予想してなかったです。 “ごく普通の女子高生”の無双っぷり、凄かったですね。 今後物語にどう絡んでくるのか非常に楽しみです。2021/08/15

かっぱ

13
学年対抗イベントとなるカジノを用いた修学旅行を描いたシリーズ8弾。密度の濃い内容がしっかりと一冊に収まっていて満足度の高い一冊。なんといっても目玉は本物の更紗の登場。驚くとともに強敵として立ちはだかる姿が印象的だった。更紗、姫路、紫音の三人が掛け違えたボタンもしっかり直して前に進む展開は良かった。また、英明の二年生と言えば緋呂斗の独壇場で周囲の力というのはどこかスポットライトが当たりづらい部分だったけれど、今回は学年対抗戦ということで同級生たちがしっかりとその成長を示す場面が用意されていて良い読後感だ2021/08/06

sao

10
読了。 本物来る。 次回もヤバそう。心休まらねー。2021/10/28

リク@ぼっち党員

6
修学旅行戦はカジノ島で二年生たちのガチバトル。英明の弱点である層の薄さという部分が全面に押し出されていた割に、大半がトップ層のバトルだったのは少し肩透かしだったかな。今回は完全に別行動だったので、いつかは緋呂斗が委員長と二人で二年生を指揮して《決闘》を勝ち抜くところが見たいものだ。更紗の抱えた嘘がここで明かされたのは驚いた。どこまでも善人な少女だ。しかしこうなると白雪の評価を一段階上げなきゃいけない気がするな。《女帝》相手によく隠しきれたものだ。そして最強に落ち着く暇はない。次なる対抗戦も楽しみ。2021/07/22

椎名

5
今回はいよいよ“あの人”が登場、ということで気合いの入った巻。イカサマでは右に出るものなしということでか緋呂斗以外に焦点があたらなかったのが少し勿体なくもあるが、一冊でコンパクトに纏めていてたまにはこういうのもいいかな。しかし本物のあの人は予想以上の強キャラだなあこれは。2021/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18159237
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。