MF文庫J<br> クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。〈2〉

個数:
電子版価格
¥682
  • 電書あり

MF文庫J
クラスの大嫌いな女子と結婚することになった。〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 10時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046803320
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

曲がりなりにも新婚生活をスタートさせた朱音と才人。クラスメイトにバレないように細心の注意を払って過ごす2人だが…。陽鞠が朱音に持ち掛けた相談が新たな波乱を巻き起こすーー!?

内容説明

新婚生活をスタートした才人と朱音。時にはぶつかりながら、お互いのことを理解して順調に距離を縮めていく。学校では結婚していることが周囲にバレないよう気を付けて過ごしていたが…。ある日朱音は陽鞠から予想外の告白をされる。「私、ね。その…才人くんのこと、好き、なんだ」親友である陽鞠の願いに応えるために協力を決めた朱音は、才人のことをもっと知ろうと動き出す。朱音の協力のおかげで、急接近する才人と陽鞠―。朱音は親友の喜ぶ姿が見られて嬉しい気持ちの一方、胸の中で広がる“モヤモヤ”に困惑してしまい…?素直になれそうでなれない、もどかしい高校生夫婦の胸キュン新婚生活第2弾!

著者等紹介

天乃聖樹[アマノセイジュ]
関東在住の作家・シナリオライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナギ

52
ライバルの陽鞠の登場で、二人の関係が鮮明にわかるようになりましたね。恋人は陽鞠で、結婚は朱音とすれば丸く収まるんですが、そんなのは物語じゃねーというわけで、これから三角関係はどうなるのか?同居がバレて修羅場になるという予想をしてましたが、今巻では無事に切り抜けましたが、時間の問題か。よくも悪くも陽鞠と糸青が鍵を握りそうですね。2022/10/29

ヒロロシ33

42
電子版で読みました🎵 朱音の親友陽鞠が才人の事を好きと言ってきて、朱音が相談にのる。 糸青は可愛い。 朱音や才人は夫婦なのを未だに隠している。糸青は知っているが。 どうか陽鞠が傷つかずに円満で終わって欲しいものです。 いつかはバレちゃうと思うけど😢 朱音の心の中でわからないモヤモヤ、才人も心の中でモヤモヤ。 いくら学校では喧嘩ばかりだけど、一緒に住むと、いろんな所をみるから。まだまだ自分達の感情は分からないことだらけ。 次も早く読もう2022/04/30

よっち

38
新婚生活をスタートさせて、時にはぶつかりながら、お互いのことを理解して距離を縮めていく才人と朱音。しかしある日朱音は陽鞠から予想外の告白をされる第二弾。親友である陽鞠の願いに応えるために協力を決めた朱音。朱音の協力のおかげで接近してゆく才人と陽鞠。才人にべったりの糸青になかなか存在感がありますが、才人への好意を隠さないヒロインたちに、自覚しないままもやもやを抱える朱音がもどかしくて、そんな彼女に才人も困惑してる現状ですかね…。まあ簡単に素直になれるくらいならこんなことにはなってないんでしょうけどね(苦笑)2021/04/24

オセロ

27
喧嘩ばかりで相変わらず仲が良いのか悪いのかよくわからない才人と朱音が新婚生活を送っていたある日、朱音の親友・陽鞠から才人のことが好きと相談させたことをキッカケに複雑な気持ちを覚える朱音。割とシリアスな内容ですが、才人と朱音に加えて糸青とのやり取りがコミカルに描かれていて思わずクスッとしてしまうこともしばしば。そして肝心の陽鞠との一件、は才人がラストに見せた男気溢れる行動で今回は事なきを得ましたが、健気に才人を想う陽鞠を応援したくなりました。次巻も楽しみです。2021/04/26

かっぱ

25
朱音の友人である陽鞠が才人へアプローチを始めるシリーズ2弾。まだ名前のない感情に振り回される二人には思わず胸がキュンとなった。古き良きツンデレラブコメの王道を辿る物語は今読むと一周まわって新鮮味を感じさせてくれる。二人の掛け合いも軽快で小気味良く展開されるから読んでいて気持ちが良い。また、陽鞠も悪意のない純粋な素顔を何度も見せてくれるから応援したくなる。本作の中ではメンタルが一番大人である糸青も二人の仲を取り持つ良い立ち位置を築けていて脇を固めるキャラまで抜かりないから読んでいて楽しくなる作品だなあ2021/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17707492
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。