スリランカの赤い雨―生命は宇宙から飛来するか

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

スリランカの赤い雨―生命は宇宙から飛来するか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月21日 20時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046532886
  • NDC分類 460
  • Cコード C0040

内容説明

2012年11月13日、スリランカに降った赤い雨の滴から、分裂を繰り返す細胞のような微粒子が発見された。これは宇宙から運ばれてきた生命なのか―。アストロバイオロジーの最前線が描きだす、驚異の宇宙生命と進化のシナリオ!世界的な惑星科学者が生命誕生の謎に迫る、サイエンス・ノンフィクション!世界的天文学者、C・ウィックラマシンゲ博士との対話を収録。

目次

第1部 生命のゆりかご、宇宙―パンスペルミア説とアストロバイオロジーの最前線(地球は宇宙に対して開いている;スリランカに降った赤い雨;赤い雨という天変地異―2500年の謎;インドの赤い雨;赤い雨の凝結核は細胞状物質―現在までの分析結果;パンスペルミア説;宇宙は有機物に満ち溢れている;宇宙から見た文明)
第2部 宇宙生命探索の旅―チャンドラ・ウィックラマシンゲ博士との対話(なぜ、生命の源を宇宙に求めるか?;赤い雨;宇宙生物と文明)

著者等紹介

松井孝典[マツイタカフミ]
1946年、静岡県生まれ。理学博士。東京大学理学部卒業、同大学院博士課程修了。専門は地球物理学・比較惑星学・アストロバイオロジー。NASA客員研究員、東京大学大学院教授などを経て、東京大学名誉教授。2009年より、千葉工業大学惑星探査研究センター所長。1986年、海の誕生を解明した「水惑星の理論」を『ネイチャー』に発表。1988年、大気・海洋の起源に関する新たな理論の提唱により堀内賞受賞。『地球システムの崩壊』(新潮選書)。第61回毎日出版文化賞“自然科学部門”受賞など、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2012年秋、スリランカに降った赤い雨の滴から細胞状微粒子が発見される。原始生命に酷似する微粒子の正体とは。紀元前から多くの記録が残る赤い雨の2500年にわたる謎と、宇宙に満ち溢れる生命の秘密に迫る。