角川つばさ文庫<br> 四つ子ぐらし〈13〉プレゼントに思いをこめて

個数:
電子版価格
¥792
  • 電書あり

角川つばさ文庫
四つ子ぐらし〈13〉プレゼントに思いをこめて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月22日 02時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046321954
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

三風です。姉妹の友達を家に招待して、クリスマスパーティーをすることになったんだよ。
みんなで買い出しをして、飾りつけをして、ケーキを作って…。
姉妹や友達といっしょにすごすクリスマスって、とっても楽しい!
そんな中、家に、おくり主不明のプレゼントが四つ届いたの。
中に入っていた手紙を読んだら、おくり主はお母さんなんじゃないかって気がしてきたんだ。
私たちは、プレゼントがどこから来たか、調べることにしたんだけど…!?

内容説明

三風です。友達と、家でクリスマスパーティーをすることになったんだよ。みんなで買いだしをして、飾りつけをして、ケーキを作って…。姉妹や友達といっしょにすごすクリスマスって、とっても楽しい!そんな中、家に、おくり主不明の大きなプレゼントが四つもとどいたの。中に入っていた手紙を読んでみたら、おくり主はお母さんなんじゃないかって気がしてきたんだ。私たちは、家を飛びだして、プレゼントがいったいどこから来たのか、調べることにしたんだけど…!?小学中級から。

著者等紹介

ひのひまり[ヒノヒマリ]
おとめ座のO型。2018年、「エスパー部へようこそ」で第6回角川つばさ文庫小説賞一般部門、史上初となる特別賞を受賞。本作「四つ子ぐらし」シリーズでデビュー

佐倉おりこ[サクラオリコ]
やぎ座のB型。キュートでガーリーな作風で人気を博すイラストレーター。児童書籍、技法書など、ジャンルを問わず幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いりあ

8
ひのひまりさんの「四つ子ぐらし」の第13巻。別々の境遇で育った四つ子が共同生活を送るお話。今回は久しぶりに自立ミッションが発動しました。ミッションの内容は宮美家でクリスマスパーティーを開催すること。裏では竹彦おじいさんとの対決準備が進んでいますが、本当の事を知っている友達が増えて、心から安心して楽しめる賑やかなパーティーになって良かった。最近は重ためのエピソードが目立っていたので、久しぶりにほっこりしました。意外な人も登場して、これからどうやって絡んでくるのか楽しみ。2023/08/11

みみ

1
図書館で借りる。小2。7歳11か月。子どもお気に入り。私も読了。2024/01/07

こまさん

1
娘一人読み。今回も最高だったようです( ◠‿◠ )クリスマスのお話です。2023/09/30

Theodore

1
クリスマスパーティの話。夏の台風の話(7巻)の時みたいなみんなで家に集まってパーティをしておしまい!みたいな箸休め的な作品かと思っていたが、思いもかけない重要人物と出会うという流れにびっくり。これはいい意味で裏切られた! また台風の時とは異なり、今回は女友達もそれなりに参加しているのが良き。やっぱり女子たる者、同性同士のお付き合いも大事にしないとな! そして次回はいよいよ一族の重鎮と対面か? とかく先が楽しみである。2023/07/19

たむら

1
ひのさんはキャラクターたちの心情をすごく丁寧に描写されるので、読者がキャラクターの心情を汲み取らなければいけない場面はほぼ無いです。展開は相変わらず偶然の連続で、リアリティーよりも物語の内容を重視している感じでした。小学校低学年で読みたかったなぁと思うシリーズです。2023/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20283187
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。