角川つばさ文庫<br> 絶体絶命ゲーム〈11〉廃墟の島で、最強中学決戦

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

角川つばさ文庫
絶体絶命ゲーム〈11〉廃墟の島で、最強中学決戦

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月21日 07時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046321350
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

年に一度「最強の中学校」を決める絶体絶命ゲーム全国大会に送りこまれた、春馬と未奈。「連勝中のプレイヤー」として有名になった春馬に全国から集まったライバルの敵意が集中して!?…このゲーム、絶体絶命だ!

内容説明

絶体絶命ゲームの中学生大会、決勝戦。地区予選を勝ちぬき集まった最強の中学生。そこで春馬と未奈は、メイサに再会する。メイサは目もあわせず完全無視…でもそれには理由があった。「若者のカリスマとして才能をもつ春馬を、黙らせたい大人がいる。ねらわれるのは彼の弱点である、未奈だ」刺客は参加メンバーの中にいる。メイサはたとえ未奈から嫌われても、守ると誓っていたのだ…そして、無情のゲームが始まる!小学上級から。

著者等紹介

藤ダリオ[フジダリオ]
札幌出身。映画やテレビアニメのシナリオライターを経て『出口なし』(角川ホラー文庫)で作家デビュー

さいね[サイネ]
VOCALOID曲などにイラストや動画を提供しているイラストレーター・動画師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

32
「オカン、この巻面白いよ!」という娘のコメントともに手に取る。おっ、なんかずっしりしてない?と思ったらやっぱり前後の巻と比べてもページ数が多かったです。内容も濃くて、なんか終わってもいいぐらいの盛り上がり。ここで大人対中学生ゲームが始まったら面白いんだけどなあ…。そろそろ春馬たちは名誉勇退、となってもいい気が。2023/06/07

おひさま家族

2
中1次男読了。2022/10/18

峻祐

2
中学生大会に春馬達が勝っていてすごいと思った。 続きが気になる。2022/06/30

たかけん

0
おー2023/01/14

たかけん

0
人形呪ってる2023/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19602764
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。