角川つばさ文庫<br> 山月記・李陵―中島敦名作選

個数:
電子版価格
¥704
  • 電書あり

角川つばさ文庫
山月記・李陵―中島敦名作選

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月20日 19時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 152p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046319012
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

草むらの中から突然あらわれた、一頭の虎。
なんと、人間の言葉を話しだした!
その正体は、驚きの人物で……。
「彼」は、なぜ虎になってしまったのか!?(「山月記」)
文豪・中島 敦の、教科書にものっている名作を、分かりやすい言葉に改めて、2作収録。
一度は読んでおきたい日本の名作が、角川つばさ文庫に登場です!

内容説明

袁〓が林の中を歩いていると、突然、草むらの中から一匹の虎があらわれた。なぜか人間の言葉を話すその正体は、袁〓がよく知る人物で…。(「山月記」)無理な戦いを命じられ、敵に捕まった李陵。その李陵をかばったために、思わぬ罰を受けることになった司馬遷。運命に苦しんだ、二人の人生とは…。(「李陵」)中島敦の代表作を、読みやすい言葉に改めて収録。一度は読んでおきたい、日本の名作!小学上級から。

著者等紹介

中島敦[ナカジマアツシ]
1909‐1942年。小説家。東京四谷に生まれる。東京大学国文科卒。横浜高等女学校で教鞭をとりつつ、作家を志し、「山月記」などを発表。33歳の若さでぜんそくの悪化により亡くなる。死後に「李陵」などが発表され、その異才が惜しまれた

Tobi[TOBI]
フリーのイラストレーターとして、書籍・ゲーム・CDジャケットなどで幅広く活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はじめさん

17
寅年なので、虎の出てくる小説! 令和4年1月23日(日)午前10:30- 🌕「山月記」🐯をお題に、リモート読書会を開催します。あなたの感想をぜひ聞かせてください! https://bookmeter.com/events/9042

sachiyo🐮牛乳

15
虎の出てくる物語の紹介に。2021/12/21

🌙 🈷 が き れ い

7
初めての中島敦。子供向けのため、原文をかなり易しくしているのだが、これほど易しくしてまで、子供に読ませる必要性はないのではないだろうか。2021/12/22

頼ちゃん

6
うーん、対象は小学生だよね?なんでも無理に簡単にして、かわいいイラストにする意味あるのかな?こういう話があると知るだけでもいいのかな?大きくなって原作読んでくれるかな?2019/07/08

サラサラココ

2
借りて来て置いておいたら、手に取って山月記を読んでいました(小1)。李陵の方はそれより長いので、読んであげました。あまりに悲しい話過ぎて、読む方がとまどう程でした。文体は分かり易い表現に変えられているようなので、年齢が上がったら再読した方がよいかもと思いました。2019/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13543292
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。