角川つばさ文庫<br> 新訳 ナルニア国物語〈2〉カスピアン王子と伝説の角笛

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

角川つばさ文庫
新訳 ナルニア国物語〈2〉カスピアン王子と伝説の角笛

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 06時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046317148
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8297

出版社内容情報

ナルニアに魔法を取りもどせ! 名作を、美しい新訳と31枚の絵で読もう♪「ナルニアに魔法を取りもどせ!」
世界をすくうカギは4人と王子の信じる力?
【新訳で名作が読みやすい!!】【絵30枚】

●あらすじ
夏休みがおわり、ルーシーたち四人兄妹は寄宿学校へ帰るため、駅で列車をまっていました。
すると、ふしぎな力がはたらいて、あっというまに別世界へ…。
「ここはナルニア?」――でも、なにかがちがいます。
なんとそこは、ミラーズ王によって、物言う動物も妖精もなかったことにされた、未来のナルニアでした。
四人はカスピアン王子とともに、ナルニアに魔法をよみがえらせようとしますが…。
名作を美しい新訳と挿絵で!


「王子よ、いますぐお逃げなさい! ミラーズ王はあなたの命をねらっている!」
「そんな、おじうえが、まさか…」
「あなたのお父うえを殺したのはあいつです。
この角笛で、伝説の四人の兄妹王をよびもどし、ナルニアを取りもどすのです!」
【世界中に魔法をかけた、最高の名作ファンタジー!!】

1 島
2 金の騎士(ナイト)
3 こびと
4 カスピアン王子のお話
5 ゆうれい森での冒険
6 わすれさられたひとたち
7 伝説の角笛
8 小さなお友だち
9 ルーシーが見たもの
10 アスラン
11 信じる力
12 白の魔女
13 ピーター王の挑戦状
14 決闘
15 アスランのとびら

訳者あとがき
ナルニア国物語(3)巻のお知らせ


C・S・ルイス[シー エス ルイス]
著・文・その他

河合 祥一郎[カワイ ショウイチロウ]
翻訳

Nardack[ナルダク]
イラスト

内容説明

夏休みがおわり。ルーシーたち四人兄弟は寄宿学校へ帰るため、駅で列車をまっていました。すると、ふしぎな力がはたらいて、あっというまに別世界へ…。「ここはナルニア?」―でも、なにかがちがいます。なんとそこは、ミラーズ王によって、物言う動物も妖精もなかったことにされた、未来のナルニアでした。四人はカスピアン王子とともに、ナルニアに魔法をよみがえらせようとしますが…。名作を美しい新訳と挿絵で!小学中級から。

著者等紹介

ルイス,C.S.[ルイス,C.S.]
1898~1963年。アイルランド系のイギリス人小説家で神学者。キリスト教の弁証家でもある。代表作は『ナルニア国物語』シリーズで、その最終巻「さいごの戦い」でカーネギー賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

歩月るな

4
うまくいかないこともある、話せば長くなることもある。呼び出されてみればお膳立てが整っているわけではなく、もっと早く事が済めば失われなくともよかった命があったりもするのだが、厳しい冒険が続く。ちょっとしたことで戦いが始まり、気づいたら終わっていると言う演出が、意外とあっさりしているようにも思えるけれども、単にエンタメとしてそこに力を入れているわけではないのは仕方ない事でもあり、比較的長めに戦闘描写が描かれるのが今回の一騎討ちのシーン。双方に裏切りが描写されるのが特徴でもある。前作のエドを思うと、何ともはや。2020/08/29

りゅりゅ

4
訳者さんの試行錯誤を語ってくれるあとがきが今回も楽しい。DLFにトリュフハンター等々。これを先に読んでから昔の訳を読んだら、古臭くてついていけないだろうと思う。2019/05/23

サラサラココ

3
小2、ライオンと魔女を岩波で読んで、2巻は新訳のこの本を選択してみた。いく分読み易いようだ。2020/08/28

Eri

1
お話ももちろん面白いのですが、訳者の方のあとがきがとてもよいのです。 今の子どもたちのために考え考えて作られた訳文であるんだなぁと思いました。アスランとルーシーの場面のことにも触れられていて、そうだね、日本ではね、と思います。 表紙のようなルーシーとカスピアン王子の場面は、あったかしら?!2020/12/04

rika.okuya

0
古風な書き方と世界観のマッチがいい2021/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12595421
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。