角川つばさ文庫<br> ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

個数:
電子版価格
¥385
  • 電書あり

角川つばさ文庫
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月15日 04時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 312p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046316363
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

シリーズ累計600万部突破のベストセラーが角川つばさ文庫で登場!本を読めない「体質」の五浦大輔は、古本を売りに鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」を訪れる。店主は人見知りだがきれいな女の人で、持ち込まれた古書の謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。

三上 延[ミカミ エン]

越島 はぐ[コシジマ ハグ]

内容説明

本を読めない「体質」の五浦大輔は、母親に頼まれた古本を売るために、鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」を訪れる。なんとか出会えた店主は、古本屋のイメージとは合わないきれいな女の人だった。だけど、初対面の人とは口もきけない人見知りで…!?ただ、本の知識だけは並大抵ではなかった。大輔が持ち込んだ本にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語―。小学上級から。

著者等紹介

三上延[ミカミエン]
神奈川県横浜市生まれ。十歳で藤沢市に転居。市立中学から鎌倉市の県立高校へ進学。武蔵大学人文学部社会学科卒業後、藤沢市の中古レコード店、古書店でアルバイト勤務。2002年小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

81
並べて読んだわけではないですがMW文庫版と内容は同じですね?ということはただ高価なだけですね?2018/08/30

しゅわ

56
【図書館】人気のビブリア古書堂がつばさ文庫になって再登場…といっても内容は全く同じで、全部の漢字にふりがながついて子供でも読みやすくなった程度。けっこうオタな知識とドロドロ人間関係出てくるけど小中学生大丈夫かな?と心配しつつ…ちょうどよい機会なので久々に再読。小難しい本の知識や文学史は栞子さんが解説してくれるので、小学生の娘も普通に楽しく読めたとのことでした。2016/11/15

陸抗

21
文庫版を読んでるので再読。とりあえず、挿絵が沢山あって羨ましい。持ち主の想いが詰まった本に隠された、謎を解いていくミステリー。栞子さんがあらすじを教えてくれるので、古書を読むきっかけにもなるのがいいな。しかし今読んでも、栞子さん無茶するな…。2021/01/27

さるまる

10
ライトノベルの範疇になるのかな? 本格派ではないがしっかりミステリーに仕上がっているし、展開がうまい、しかも丁寧に書かれているのに好感が持てます。続きも読んでしまうんだろうな、きっと。2017/04/20

Midori Matsuoka

9
角川つばさ文庫で読む。ある出来事をきっかけに本が読めない、でも本には関心がある五浦大輔は、祖母の形見の古書の鑑定依頼をきっかけに古書店「ビブリア古書堂」でアルバイトをすることに。店主の篠川栞子はケガを負って入院中なるも本が大好きなあまり療養中も鑑定を行う。極度の人見知りの栞子だが、本の話になると人が変わる。そんな栞子と大輔による古書にまつわる「事件」の謎をひもとく物語。 本の内容だけでなく「古書」の価値にまつわる話が面白かった。そして、読んでいくうちに表出する謎の真相… 。展開がお見事!で面白かった。2022/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11106612
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。