角川つばさ文庫<br> 新訳ふしぎの国のアリス

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

角川つばさ文庫
新訳ふしぎの国のアリス

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年06月29日 18時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046310811
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8297

出版社内容情報

世界中で愛されるアリスが、51点のさし絵と新訳でうまれかわるウサギを追って深い穴に落ちると、そこはふしぎの国。ケーキを食べて大きくなったり、なみだの海を泳いだり、ハートの女王に首をはねられそうになったりと、もうめちゃくちゃ!?51の絵と新訳で名作がうまれかわる

ルイス・キャロル[ルイスキャロル]
著・文・その他

河合 祥一郎[カワイ ショウイチロウ]
翻訳

okama[オカマ]
イラスト

内容説明

アリスは7歳の女の子。野原でうとうとしてたら、懐中時計を持ったおかしなウサギが走ってきた。ウサギを追って、地球をつきぬけるような深~い穴に落ちると、そこはふしぎの国!あまいケーキを食べれば体がのびて、びんの水薬を飲めばちぢんじゃう。涙の海を泳いだり、ドードー鳥とかけっこしたり、こわいハートの女王様に首を切られそうになったりと、もうめちゃくちゃ。51の絵と新訳で名作がうまれかわる。小学中級から。

著者等紹介

キャロル,ルイス[キャロル,ルイス][Carroll,Lewis]
1838~1898年。イギリスの作家で数学者でもある

河合祥一郎[カワイショウイチロウ]
1960年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授

okama[OKAMA]
1974年生まれ。漫画家、イラストレーター。代表作に、『CLOTH ROAD』(集英社)など。小説のさし絵や雑誌の表紙イラスト、アニメのデザインといった、さまざまな分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ねここ

33
3年ぶり?かに再読です!小学四年生ぐらいに読んだときにはあまり意味が分からなかったのですが、今になって読むととても面白くて面白くて!ヘンテコな不思議の世界の住人たちとちょっと背伸びをしたいお年頃の可愛いアリスに、作中にたくさんちりばめられた言葉遊びが、この名前の通り不思議な世界観を生み出していて、私たちの中に潜む無邪気な頃の気持ちが掻き立てられます(*^▽^*)挿絵も可愛らしく文章も児童向けにとても分かりやすく書かれています!夏の日の少女アリスは、私たちの心のなかの不思議の国への扉を開けてくれるのです。2015/06/11

青春パッカパカス

26
アリスの日本語訳作品は150点以上あるそうだが、一番挿絵が可愛いのはこれに違いない。絵で敬遠する人も多いだろうが、訳は言葉遊びを韻まで力を入れて丁寧に再現しており評判もかなり良い。雨あられと飛び交う言葉遊びのおかげで、ナンセンス度は倍増している。挿絵の独特な可愛らしさもあいまって、ワンダーランドに頭までどっぷり浸かれる一冊だ2013/05/27

なっしー

14
教科書で見たことがあった程度で、今回初めてよみました。自分の想像力の弱さで話になかなかついていけないところがあって少し読むのが大変でした。夢の中の話の様に場面場面の関連性は弱かったりなかったり、急にどうしてそのような登場人物がでてくるのかとか、子どもたちならすぐに映像化できるのかな。娘に読んでもらって話をしたいと思います。ちなみに、先にあとがきの韻を踏んだ翻訳の説明を読んでから本文を読んだほうが良いと思います。2020/12/06

白義

14
きちんと韻をふんだ言葉遊びまで再現した新訳に、表紙を見てわかる通り、人気イラストレーターokamaさんのむちゃくちゃ可愛い絵がたくさん入っていて今のところアリスの訳としては個人的にベスト。ナンセンスな表層の言葉遊びが読者の深層をくすぐり、解読の欲望を高め生成、自己同一性やカフカ的な秩序観といくらでも深読みできる異端のストーリーが可愛い美少女を軸に展開され、どこからどう読んでも隙のない、史上希に見る完璧な文学。古典新訳ラノベ・エロゲ的挿し絵リメイクの星とも言える素晴らしい本2011/10/23

カント

12
子供の頃から何度となく読んだ作品。今までは良く分からなかった部分が、とても分かりやすく訳されていて読んでいて笑えるしで楽しかった。okamaさんのイラストは初めて見ますが、とっても可愛らしくて目の保養になりました。2012/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/412308

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。