お金の流れで探る現代権力史―「世界の今」が驚くほどよくわかる

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

お金の流れで探る現代権力史―「世界の今」が驚くほどよくわかる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年01月16日 21時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046017628
  • NDC分類 332

内容説明

元国税調査官が「世界の近代~現代」にガサ入れ。「お金の流れ」が、歴史をわかりやすくし、そして“複雑”にもする!

目次

イギリスは、世界の覇権を「お金で買った」
アメリカの「金」と「ドル」に世界が屈服!
もう一つの“資源大国”としてのソビエト連邦
アラブを再興させた“オイル・マネー”の威力
敗戦国ドイツ「奇跡の復興」と「苦悩」
アメリカを脅かす日本、経済力の源泉は?
石油利権闘争―アラブ社会の反乱
“第3の経済勢力”中国の目覚め
実は「経済問題」だった東西冷戦の結末
「アメリカ復権」と「日本凋落」の密接な関係
イスラム国の背景を「お金の流れ」から探る
EU発足!共通通貨・ユーロの野望とは?
世界最大の借金大国「米」vs.黒字の貿易大国「中」
イギリスが仕掛けた世界最大の“経済テロ”

著者紹介

大村大次郎[オオムラオオジロウ]
元国税調査官。国税局に10年間、主に法人税担当調査官として勤務。退職後、ビジネス関連を中心としたフリーライターとなる。別のペンネームでこれまでに30冊を超える著作を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

どうしてお金ってこんなに「きなくさい」んだろう?力はお金で「買える」らしい――戦争、資源闘争、内戦、国際機関、外交協定。あらゆることの背景には必ず「お金」がある。世界の今をわかりやすく、深く知るために、元国税調査官が近現代にガサ入れ!

第1章 イギリスは、世界の覇権を「お金で買った」
第2章 アメリカの「金」と「ドル」に世界が屈服!
第3章 もう一つの“資源大国”としてのソビエト連邦
第4章 アラブを再興させた“オイル・マネー”の威力
第5章 敗戦国ドイツ「奇跡の復興」と「苦悩」
第6章 アメリカを脅かす日本、経済力の源泉は?
第7章 石油利権闘争――アラブ社会の反乱
第8章 “第3の経済勢力”中国の目覚め
第9章 実は「経済問題」だった東西冷戦の結末
第10章 「アメリカ復権」と「日本凋落」の密接な関係
第11章 イスラム国の背景を「お金の流れ」から探る
第12章 EU発足! 共通通貨・ユーロの野望とは?
第13章 世界最大の借金大国「米」vs.黒字の貿易大国「中」
第14章 イギリスが仕掛けた世界最大の“経済テロ”

大村 大次郎[オオムラ オオジロウ]
元国税調査官。国税局に10年間、主に法人税担当調査官として勤務。退職後、ビジネス関連を中心としたフリーライターとなる。単行本執筆、雑誌寄稿、ラジオ出演、『マルサ!!』(フジテレビ)やの監修等で活躍している。ベストセラー『あらゆる領収書は経費で落とせる』をはじめ、税金・会計関連の著書多数。一方、学生のころよりお金や経済の歴史を研究し、別ペンネームで30冊を越える著作を発表している。「大村大次郎」の名前での歴史関連書は『お金の流れでわかる世界の歴史』で初めて刊行、その後「お金の流れでわかる歴史」シリーズを展開