コミックでわかる孫正義の成果を出す仕事術

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

コミックでわかる孫正義の成果を出す仕事術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年06月25日 22時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046017574
  • NDC分類 336.04

内容説明

ARMの買収、トランプ大統領との商談成功…!世界最高のビジネスパーソンが今なお実践し続ける仕事の技術をコミックで学べ。

目次

第1章 仕事で成果を出す「3大鉄則」!
第2章 世界中のユーザーに最高の価値を届ける!
第3章 タスクを出し切れ!
第4章 孫正義流「問題解決術」!
第5章 顧客の「引き寄せ」で売上目標達成!

著者紹介

三木雄信[ミキタケノブ]
1972年、福岡県生まれ。東京大学経済学部経営学科卒。三菱地所(株)を経てソフトバンク(株)に入社。27歳で同社社長室長に就任。2006年にはジャパン・フラッグシップ・プロジェクト(株)を設立し、同社代表取締役社長に就任。同年、子会社のトライオン(株)を設立し、2013年に英会話スクール事業に進出

朝戸ころも[アサトコロモ]
福井県出身。漫画のプロアシスタントを経て、結婚を機に作家活動を開始。2014年より広告やビジネスコミックを中心に、漫画・イラストの制作を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

圧倒的スピードが勝負を決める。孫正義からビジネスの成功哲学を学べ!東京に本社がある老舗の玩具メーカー・トラマルが、これまで培ってきた技術を駆使した「対人用ロボット」の開発に初めて取り組むことになった。
あの孫正義が牽引するソフトバンクの Pepper にも負けないような、魅力的なロボットを作ろう!と、社員に熱く語るトラマルの社長・虎丸幸太郎。
さっそく、やる気だけは誰にも負けない入社3年目の若手社員・松中みらい。
企画書を何本も提出すうちに、その情熱を買われて、トラマル初のロボット製造プロジェクトのプロジェクト・マネージャーに抜擢される!
だがやる気ばかりで経験もなく、いいアイデアも出せないみらいは、先輩ばかりのプロジェクトメンバーに攻められる羽目に・・・。
そんなか、地元・博多の幼なじみの三沢雄馬とばったり再会。雄馬は、孫正義の側近として彼の近くでビジネスに関する多くのスキルを叩き込まれていた。
こんどはみらいが、孫正義流プロジェクト実行のスキルを雄馬から訓練される日々が始まる・・・!?



プロローグ

第1章 「仕事で成果を出す『3大鉄則』!」
 解説 圧倒的スピードを生む「3つの鉄則」

第2章 世界中のユーザーに最高の価値を届ける!
 解説 成果を出すために覚えておきたい「5つの流儀」

第3章 タスクを出し切れ!
 解説 成果を出すために身につけたい「4つのスキル」

第4章 孫正義流「問題解決術」!
 解説 プロジェクトを推進させる「4つの法則」

第5章 顧客の「引き寄せ」で売り上げ目標達成!
 解説 成果をあげるために必要な「2つの秘密」

エピローグ

あとがきにかえて

三木 雄信[ミキ タケノブ]
1972年、福岡県生まれ。東京大学経済学部経営学科卒。三菱地所(株)を経てソフトバンク(株)に入社。27歳で同社社長室長に就任。孫正義氏のもとで「ナスダック・ジャパン市場開設」「日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)買収案件」「Yahoo!BB事業」などにプロジェクトマネジャーとして関わる。2006年にジャパン・フラッグシップ・プロジェクト(株)を設立し、同社代表取締役社長に就任。同年、子会社のトライオン(株)を設立し、2013年に英会話スクール事業にも進出するなど、多くの事業の立ち上げ、参画に携わっている。

青木健生[アオキタケオ]

朝戸 ころも[アサト コロモ]