中経の文庫<br> 消えた古代豪族「蘇我氏」の謎

個数:
電子版価格 ¥691
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

中経の文庫
消えた古代豪族「蘇我氏」の謎

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 21時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 190p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046016515
  • NDC分類 210.3

内容説明

日本古代史における「最強の豪族」との呼び声も高い「蘇我氏」。絶大な権力を握った一族は、なぜ歴史の表舞台から忽然と姿を消したのか?そもそも彼らはどのような出自を持ち、いかにして古代王権の中枢を牛耳ったのか?いまなお漠然とする同氏の全容に、通史、一族の人物たち、関連の遺跡など多角的な視点から迫る!

目次

第1章 蘇我氏の興亡(蘇我氏の軌跡1 謎の豪族・蘇我氏の出自とは?;蘇我氏の軌跡2 蘇我氏の台頭 ほか)
第2章 蘇我氏、謎の一族を追う(蘇我稲目―「蘇我氏四代」の初代;蘇我馬子―蘇我氏を古代最強の豪族に導く ほか)
第3章 蘇我氏をめぐる史跡と謎(都塚古墳―近年、もっとも注目されている蘇我氏関連遺跡;飛鳥寺―馬子創建の蘇我氏のシンボルとも言える寺 ほか)
第4章 梅原猛「日本史のなかの蘇我氏」

出版社内容情報

大きな謎に包まれた、古代最強にして、“消えた一族”のすべて蘇我稲目の墓ともいわれる「飛鳥のピラミッド」都塚古墳の発見で、ますます盛り上がりを見せ、注目される謎の古代豪族・蘇我氏の正体。歴史の闇の中でいまなお漠然としている同氏の全容に迫る!

『歴史読本』編集部[レキシドクホンヘンシュウブ]