赤い心

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

赤い心

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046015266
  • NDC分類 783.7

内容説明

背番号25復活!広島カープ25年ぶりVへ。悩み抜いた広島復帰の決断、ファンやチームへの熱い想い。すべては優勝のために。

目次

第1章 カープへの復帰
第2章 2015年シーズンの奮闘
第3章 素晴らしき同志たち
第4章 勝負の2016年シーズン
第5章 プロ野球の未来へ
第6章 カープ愛

著者紹介

新井貴浩[アライタカヒロ]
1977年、広島市生まれ。県立広島工業高校、駒澤大学卒業。98年、広島東洋カープにドラフト6位指名で入団。2005年には本塁打王を獲得し、ベストナイン(一塁手部門)に選出される。08年、FAで阪神タイガースに移籍。同年、北京五輪日本代表に選ばれ全試合先発出場を果たす。11年には、打点王を獲得。08年から13年にかけて日本プロ野球選手会会長を務め、11年3月の東日本大震災に際しては被災地支援、開幕の延期等に奔走、12年には「侍ジャパン」のWBC参加を発表するなど球界発展のために尽力した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

背番号25復活! 広島カープ25年ぶりVへ すべては優勝のために

開幕戦、頭によぎった大ブーイング。でも僕を迎えてくれたのは、 球場全体に轟くファンの大歓声だった。鳥肌が立ち、足は震え、不覚にも涙がこぼれそうになった……。「優勝」。それだけが、この声に応える唯一の道だ。

8年ぶりに広島カープに復帰し、全力プレーでファンの心をわしづかみにした新井貴浩選手が、自身のカープ復帰の決断や、チームへの想い、2000本安打の期待もかかるなかでの今後の目標など、すべて激白する!

【著者プロフィール】
新井貴浩(あらい・たかひろ)
1977年、広島市生まれ。県立広島工業高校、駒澤大学卒業。98年、広島東洋カープにドラフト6位指名で入団。2005年には本塁打王を獲得し、ベストナイン(一塁手部門)に選出される。08年、FAで阪神タイガースに移籍。同年、北京五輪日本代表に選ばれ全試合先発出場を果たす。11年には、打点王を獲得。08年から13年にかけて日本プロ野球選手会会長を務め、11年3月の東日本大震災に際しては被災地支援、開幕の延期等に奔走、12年には「侍ジャパン」のWBC参加を発表するなど球界発展のために尽力した。15年、カープに復帰し、プロ通算2000試合出場を達成。

はじめに(序章)

第1章 カープへの復帰
兆し/ゴメスとのスタメン争い/無意味だった「競争」/毎年入ってくるFA選手/頭に浮かんだ「退団」の文字/決定的だった日本シリーズ/もっと野球がしたい/タイガースでの貴重な経験/まさかのカープ/自然に進んだチームへの合流

第2章 2015年シーズンの奮闘
8年ぶりのカープのユニフォーム/自分を追い込んだキャンプ/夢見心地のオープン戦/右ひじの違和感/緒方監督の言葉で奮起/再びカープの4番に/痛めてしまった左手/常に全力プレーで/好調だった前半戦/オールスターゲームにファン投票で選出/紙一重のホームスチール/デリケートな打撃の調子/届かなかったクライマックスシリーズ

第3章 素晴らしき同志たち
大エースの帰還/黒田さんの苦悩/夢のような黒田さんの復帰/ 金本さん、タイガースの監督に/東出との思い出/高橋尚成さんの引退/駒大野球部の精神/野球界のために尽くされた松原さん/かわいい弟・良太/家族の絆/かけがえのない妻の存在/大好きな息子たち/心のよりどころ

第4章 勝負の2016年シーズン
2015年シーズンの悔しさ/悔しい気持ちを維持する/オフの護摩行/成績と調子の関係/難しい「相性」の問題/FA制度はチームを変えるか/優勝を逃した経験に学ぶ/「絶対優勝する」という強い気持ち/2000本安打より優勝を/プロ初安打の記憶/一番印象に残るヒット/日に日に増す気力/背番号「25」

第5章 プロ野球の未来へ
プロ野球の人気は根強い/子供たちに野球を/若い選手たちのレベルは年々上がっている/「やらされる練習」も大事/野球も国際化の時代に/マスメディアの存在

第6章 カープ愛
広島の象徴、カープ/大好きな球場、マツダスタジアム/素晴らしい練習環境/カープの企画力は抜群/伝統をしっかりとつなぐ/若手選手との交流/期待に応えることの難しさ/レギュラーとしての実感/苦しみをバネに/堂林の活躍に期待

おわりに(終章)

【著者紹介】
HASH(0x3d51e28)