7人の主君を渡り歩いた男 藤堂高虎という生き方

個数:
電子版価格 ¥1,080
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

7人の主君を渡り歩いた男 藤堂高虎という生き方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 21時37分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784046014641
  • NDC分類 289.1

内容説明

主君を変えるごとに出世を果たし、秀吉・家康も惚れ込んだ男。その生涯を貫く信念と生き方を学ぶ。

目次

序章 七転八起―生き方を教えるその人生
第1章 強い意志を培う
第2章 感謝に目覚める
第3章 人生を変える人との出会い
第4章 期待に応える
第5章 信頼こそ第一
第6章 潔さの果てにあるもの
第7章 選択を誤らない
第8章 真心で尽くすことも仁
第9章 私事を除き、公に尽くす
終章 晩年をより良く生きるために

著者紹介

江宮隆之[エミヤタカユキ]
昭和23年生まれ、山梨県出身。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞入社。編制局長・論説委員長などを経てフリーに。昭和63年『経清記』で第13回歴史文学賞、平成6年『白磁の人』で第6回中村星湖文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

なぜ主君を7度も替えることができたのか?藤堂高虎に勇気ある生き方を学ぶ

生涯に主君を7度も替えたと言われながらも、徳川家康の絶大な信頼を得た藤堂高虎。なぜ裏切り者と蔑まれなかったのか? その生き方から、勇気をもって生きることの覚悟を学ぶ、現代人へのメッセージがこもる1冊。