アシュリーの戦争―米軍特殊部隊を最前線で支えた、知られざる「女性部隊」の記録

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

アシュリーの戦争―米軍特殊部隊を最前線で支えた、知られざる「女性部隊」の記録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 21時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 383p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046014511
  • NDC分類 289.3

内容説明

2011年8月、アフガニスタン―アシュリー・ホワイト少尉とそのチームメイトたちは、アフガニスタンの戦地に降り立った。彼女たちのミッションは、男性が話すことが許されないアフガン人女性たちに接触し、ゲリラの情報を入手することだった―。混迷する戦争の中で誕生した、米軍初の“文化支援部隊”の奮闘が明らかになる!

目次

序章 カンダハル
1 召集の声(アンクルサムは「君」を求む;召集;ランドマーク・イン;地獄の100時間;合格;訓練の日々;ダイヤモンドの中のダイヤモンド)
2 派遣(アフガニスタン到着;「フィットイン」作戦;通訳;夜の山に登る;貢献;戦争のウソ)
3 最後の点呼(最初の死;悲しみ;闘技場の男;カンダハル)

著者紹介

レモン,ゲイル・スマク[レモン,ゲイルスマク] [Lemmon,Gayle Tzemach]
ジャーナリスト。外交問題評議会の上級研究員。月刊誌『The Atlantic』『Defense One』へ、国家安全保障や外交政策問題について寄稿している他、『Newsweek』『Financial Times』などにも寄稿。2004年、ABCニュースを退職し、ハーバード大学でMBAを取得。ハーバード在学中より、アフガニスタン、ボスニア、ルワンダなど紛争地域の企業家について執筆を始める。2011年、TEDx‐WomenでのオープニングトークでTEDトーク・オブ・ザ・デイを受賞

新田享子[ニッタキョウコ]
三重県生まれ。カリフォルニア州サンフランシスコを経て、現在はカナダのトロント在住。コンピューター技術、漫画、ノンフィクションを中心に翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「女性たちの声を聞く」 それがただ一つの任務。米軍初の女性部隊の戦い!「限界を超えようと戦った女性たちの、絶対に忘れられないストーリー!」
―― 「リーン・イン」著者、フェイスブックCOO、シェリル・サンドバーグ推薦!

20世紀フォックスが映画化権を取得した、
全米に衝撃をあたえたノンフィクションが、ついに日本語訳で登場!

部隊は、2011年のアフガニスタン。
アメリカ軍は、「女性だけ」を集めた“文化支援部隊(カルチュラル・サポート・チーム)”を編成した。
その目的は、アフガニスタン辺境地域で、ゲリラ掃討作戦を行う特殊部隊の活動を支援することだった。

彼女たちの仕事は1つ。
ゲリラをかくまう女性たちに接触し、情報を引き出すこと。

男性が女性に話しかけることが禁じられた地域では、
女性をかくれみのにしたゲリラたちが、特殊部隊の兵士の命を何人も奪っていたのだ――。

「女性が戦闘に参加するのは違法」とされるアメリカ軍の中で、
歴史上初めての“最前線に立つ女性部隊”となった文化支援部隊の
友情と過酷な運命を描いた、衝撃のノンフィクション!

ゲイル・スマク・レモン[ゲイルスマクレモン]

新田 享子[ニッタ キョウコ]