できる子はどっち?

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

できる子はどっち?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 09時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046012067
  • NDC分類 379.9

内容説明

5000組の親子と面談してきた教育コンサルタントが教える、入試激変時代のベストな選択!!10年後に子どもが輝く、正しい「お金」と「時間」の活用法。

目次

第1章 できる子のマインドとアクション(目標を立ててから始める・とりあえず始める;わからないことはきちんと調べる・わからないことはやり過ごす ほか)
第2章 できる子の家庭環境(競争意識がある・マイペース;兄弟姉妹がいる・兄弟姉妹がいない ほか)
第3章 できる子の塾選び(大手の塾に通う・小規模な塾に通う;月謝5万円の家庭教師に習う・月謝20万円の家庭教師に習う ほか)
第4章 できる子の勉強法(バランスよくいろいろな科目をやる・1科目に集中してやる;1冊の問題集をたくさんやる・たくさんの問題集を1回ずつやる ほか)
第5章 できる子の学校選び(絶対評価を信じる・相対評価を信じる;付属校を選ぶ・進学校を選ぶ ほか)

著者紹介

沖山賢吾[オキヤマケンゴ]
1977年東京都八丈島生まれ。都立戸山高校・早稲田大学社会科学部卒業後、東大難関大受験専門永田塾で英語講師として勤務。校舎長となってからは、授業だけでなく、営業や総務といった教室運営全般を経験。リソー教育グループでは、塾のシステムや利用法を説明する業務を担当。親子の相談窓口となる。現在は沖山教育研究所を構え、10年後20年後を見据えた研究・提案を重ねている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

できる子になる子と、そうでない子の間には明らかに「差」があります!育つ環境、習慣、心構え、そして親の影響などなど、わが子をできる子に育てたい人必見!