外資系OLは見た!世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり

外資系OLは見た!世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784046011718
  • NDC分類 335.47
  • Cコード C2034

内容説明

三流大学→埼玉のOL→なぜか外資系の超リアルな処世術を公開!!!!外資系を生き抜くワザは、どの会社でも役に立つ!

目次

第1章 採用―三流大卒でも外資系金融に入れる!
第2章 出世―「実力主義」という大ウソ
第3章 働き方―金、金、金、そして夢
第4章 解雇―クビは日常茶飯事です!
第5章 エリート?―海外で出会った人々のリアル
第6章 JAPAN―日本企業はかなり変だった!

著者紹介

ずんずん[ズンズン]
グローバルIT企業に勤める、公私ともにプロ外資系OL。地方の三流私立大学卒業後、新卒で埼玉の日系企業に就職。英系投資銀行に転職を成功させ、財務企画を担当。その後、米系運用会社を経験し、シンガポールに移住。現在はシンガポールにてグローバルITカンパニーに勤務。APAC(アジア太平洋地域)の財務全般を担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

一般の日本人にとってはいまだ謎の多い外資系企業。 三流大卒、埼玉のOLだった著者が見た、その本当の”実態”とは……?東洋経済オンラインで30万アクセス!1位獲得の人気連載を大幅加筆して書籍化!