• ポイントキャンペーン

角川文庫 角川スニーカー文庫
喚ばれて飛び出てみたけれど〈1〉はじめまして世界(ユビキタス)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044715014
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

キミの寿命と引き替えに願いをかなえてあげる―それが、下級悪魔ネピアのお仕事。ところが彼女を召喚した眼鏡小僧ランドゥーは寿命不足で話にならない。そのうえワケありの天使プニエルや、人語を解するクールな野良猫、さらにはローマ法王の魂争奪戦に参戦中の魔王エロ大根様まで乱入してきて、事態は世界を揺るがす大魔戦に!?携帯用搾命器“魂絞り君”を手にした悪魔っ娘ネピアの、キュートでオフビートなお仕事日誌。

著者等紹介

丸本天外[マルモトテンガイ]
1981年、岡山県生まれ。岡山大学経済学部卒。『喚ばれて飛び出てみたけれど』で角川スニーカー文庫よりデビュー
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gayuu_fujina

0
この本を読んで、電撃文庫黎明期の迷走を示す奇書と呼ばれた「血まみれ学園とショートケーキ・プリンセス」を思い出した。なんというか、読んでる最中にすらひしひしと感じる上滑り感とか、ビタイチ面白くないんだけど、作者的には面白いと思って書いてるんだろうな的「先人が思いついたけどあえてやらなかった」物語と展開のオンパレードという辺りが良く似ている。読み終わった後には、何ともいえない微妙な読後感だけが残るという素晴らしさ。これでイラストがアレだったら、誰も手に取らず闇に飲まれていただろうにと…。2012/10/30

るっぴぃ

0
あとがきと解説の掛け合いの妙。それにしてもゆるい。なんかそんな感じ。2009/11/22

ЭZ

0
本編よりあとがきのほうが面白かった。2009/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/453965

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。