角川文庫 角川スニーカー文庫<br> 神様ゲーム〈4〉カミハダレトオドルベキ

電子版価格 ¥594
  • 電書あり

角川文庫 角川スニーカー文庫
神様ゲーム〈4〉カミハダレトオドルベキ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044714048
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

土地神である“かのう様”をもてなす盛大な祭りの準備中、侵入してきた謎の黒猫集団。大混乱に陥るなか“かのう様”が消え、さらに仲間である羽黒花南が裏切り者で、やっかいなことに願いの植物まで咲いてしまった。いったい俺の知らない所で何のゲームが始まっているんだ!?でも“かのう様”も花南も俺が取り戻し、このゲームを完璧クリアしてみせる!最も謎めいて、少しせつない“神様-神様ゲーム”衝撃のエンドをPLAY ON。

著者等紹介

宮崎柊羽[ミヤザキシュウ]
第8回角川学園小説大賞にて「奨励賞」受賞。長野県出身&在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

秋庭誠

5
☆10 下巻の方。秋庭がかっこよすぎ。禁書の上条さんっぽいのしょうがない…か?さて、わりと伏線回収したっぽいですが…、まだ折り返しだしね。取り敢えず、鈴木を止めろや。余韻ブレーカーだよ…。2012/12/11

ソラ

2
【読メ登録以前読了作品】2006/08/14

東西

2
何か、ゲームに勝って、勝負に負けて、でも目的は果たすというあべこべな感じが最後まで続くな…まぁ、結局全ては和家の思いのまま進んだ感 まぁ、和家とかのう様の関係も示唆され、この辺を軸に話が進むんだな、というのはわかったかな 今後の展開が楽しみ2017/02/16

永山祐介

2
相変わらず秋庭くんが無駄に格好良い。「お前が作った壁は、たった今俺がぶっ壊した!」とか、秋庭くんでないと言えない台詞ですね。これが恥ずかしげもなく言えるところが実に素晴らしい。2006/06/03

1
騒動自体の締めは悪くなかったです。当主の言動で前巻からイヤな予感はしていたけれど、かのう様の状況には気持ち悪さがありますね……。これで全体の半分ですが、残りで解決するのかどうなのか。ここまで願いの植物が咲いてない数名と眠ったままのひとがどうなるのかって感じですね。2018/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/407327

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。