角川ビーンズ文庫<br> 瑠璃の風に花は流れる―海碧の賢者

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

角川ビーンズ文庫
瑠璃の風に花は流れる―海碧の賢者

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044471132
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「私は芦琉と約束したんです。離れないって」黒嶺と紫洞、両軍のにらみ合いが続くなか、神獣との激突以来目覚めない芦琉をめぐり、紛糾する黒嶺陣営。緋奈は、悪しき運命を引き寄せる存在と責められるが、芦琉を救うまでは側にいると決意する。占者・氷高の示した導きに、わずかな可能性を求め、荒れ狂う嵐の海に命がけで挑む緋奈を待ち受けていたのは―!?大人気エイジアン・ラブ・ファンタジー第八弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

絳楸蘭

6
緋奈と芦琉どちらも真の歴史のキーマンだったのはいいけど、芦琉はいろいろと背負いさせ過ぎじゃないかな…。2013/07/26

セディ

2
芦琉が目覚めた(≧∇≦)ノ彡そして相変わらず2人はラブラブです。ただ芦琉の様子がいつもと違う・・・真の歴史、しるしって一体何なんだろう。緋奈のことも気になるし、今後の展開に期待。2011/03/18

Kなみん

1
再読。シリーズ一気読み⑧。緋奈ちょっぴり成長した!あと戦地のど真ん中でイチャイチャは…笑。まぁ楽しかったから良し!2013/06/09

サラ

1
今回の表紙の緋奈はなんだか顔が怖いですね…。状況が状況なだけに。そして弟くん…キミそういうキャラだったの!?2010/05/01

紗月

1
芦琉が目覚めてよかったけど、あの様子が気になる。 真の歴史とは、はたしてどんなものなのか。 気になるから早く出てほしい 笑2010/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/557016

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。