角川文庫<br> GOSICK〈4〉ゴシック・愚者を代弁せよ

個数:
電子版価格 ¥594
  • 電書あり

角川文庫
GOSICK〈4〉ゴシック・愚者を代弁せよ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月24日 23時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044281106
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

季節は初夏。今日も図書館塔最上階、秘密の小部屋で読書にふけるヴィクトリカの頭上に、金色の書物が落ちてきた。そこには“未来の汝よ。我は愚者なり。そして汝、愚者の代弁者となりて、我が愚かなりし秘密を暴け!”とメッセージが。時を同じくして学園にやってきた謎の人物。そして、時計塔で起きた密室殺人…知恵の泉のもと、すべての謎がひとつになるとき、王国の禁忌が白日のもとに!?人気ミステリ、急展開の第4巻。

著者等紹介

桜庭一樹[サクラバカズキ]
2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受け、07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞を受賞。同書は直木賞にもノミネートされた。08年『私の男』で第138回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エンブレムT

131
甘いお菓子を頬張りながら、大きな飛び出す絵本に見入る小さく可愛いヴィクトリカ。ヴィジュアル的にはすんごく和むんだけど、対峙する謎が孕む闇の濃さは半端なかったです。一弥とアブリルとヴィクトリカの「三角関係に突入か?」ってなラブコメ風な展開をしつつ、なんちゅう血塗られた黒歴史を暴かせちゃうんですか桜庭さんw20年も前に殺されているはずの錬金術師・リヴァイアサンの謎。姿を隠し他人を嘲笑し続けているかのような高慢な印象の彼の真実が見えた時、彼らが今後向き合うであろう闇も垣間見え、なんだか不安になってしまいました。2012/08/12

チェシャ猫

112
ヴィクトリアの父親が抱える闇が出てきた感じ。どう第二次世界大戦とつながるのかが楽しみ。世界史やってないからゴールドラッシュがいつ始まったかとか、アフリカでとか知らないよ;_;。お話としてはなんとなーく錬金術士が何者かとかわかりつつ ヴィクトリカに解説してもらう感じで良かった。ロスコーが本物の魔術師とは思えないけど トリックはわかりません。2014/11/29

財布にジャック

106
何とも不思議な魅力に満ち溢れた作品です。学園ラブロマンスと世界規模の壮大な謎という、全く違ったテイストを見事に融合させたストーリーでした。時計塔の密室殺人、錬金術師、回顧録というキーワードからの謎解きだけでなく、ヴィクトリカの今後の運命が気になる展開をみせて、ますます気が抜けないシリーズです。この先どうなっちゃうのか心配です。2011/11/08

テンちゃん

104
図書館塔最上階(^_-)-☆秘密の小部屋!⇨読書(๑´ڡ`๑)ヴィクトリカ!⇨金色の書物!(๑•̀ㅂ•́)و✧『未来の汝よ・・愚者の代弁者となりて、我が愚かなりし秘密を暴け!』⇨伝説の魔術師「リヴァイアッサン」(⊙.⊙)過去から送った挑戦状!⇨謎に挑むヴィクトリカと一弥!( ̄へ ̄)学園にやって来た謎の人物!⇨時計塔で起きた密室殺人!(¯―¯٥) 不可解な殺人事件!⇨全ての謎が一つになる時!(⊙.⊙)王国の禁忌が白日のもとに!⇨謎!緊迫!傑作作品。☆(๑•̀ㅂ•́)و✧4.52015/12/30

た〜

101
ヴィクトリカと一弥の仲は思い切り喧嘩するほど睦まじくなってきた。アブリルのぶっ飛び具合も露わになってきてますます面白い展開に2012/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/581217

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。