角川文庫 角川ソフィア文庫<br> マイナス50℃の世界

個数:
電子版価格 ¥429
  • 電書あり

角川文庫 角川ソフィア文庫
マイナス50℃の世界

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月23日 15時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 126p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044094430
  • NDC分類 292.93
  • Cコード C0195

出版社内容情報

北極よりも寒い国!オドロキの暮らしをレポートした幻の処女作

厳しい自然条件に見事に適応しながらたくましく生活するヤクートの人々。ロシア語同時通訳としてシベリア取材に同行した著者が、現地でのオドロキの日常生活をレポート。米原万里の幻の処女作、ついに文庫化!

内容説明

トイレには屋根がなく、窓は三重窓。冬には、気温が-50℃まで下がるので、釣った魚は10秒でコチコチに凍ってしまう―。世界でもっとも寒い土地であるシベリア。ロシア語通訳者として、真冬の横断取材に同行した著者は、鋭い観察眼とユニークな視点で様々なオドロキを発見していく。取材に参加した山本皓一と椎名誠による写真と解説もたっぷり収められた、親子で楽しめるレポート。米原万里の幻の処女作、待望の文庫化。

目次

1章 本日は好天。外はマイナス21℃(ここは北極よりも寒い国;冷凍庫で試験済みの防寒着でも… ほか)
2章 凍土のめぐみ(居住霧とたった四時間の太陽;かたむいた家のナゾ ほか)
3章 ヤクートでディナーを(飛行機の三つの大敵;凍傷の恐ろしさ―金属は皮ふに“食いつく” ほか)
4章 さいはてのさらにはて(ビニール、プラスチックはここでは使えない;寒極があるのはなぜ? ほか)
5章 酷寒の真実(座右の書;思い出に残るごちそう―イルクーツクの和食もどき ほか)

著者等紹介

米原万里[ヨネハラマリ]
1950年、東京生まれ。作家。59~64年、在プラハ・ソビエト学校で学ぶ。東京外国語大学ロシア語学科卒業、東京大学大学院露語露文学専攻修士課程修了。ロシア語会議通訳として活躍し、80年、ロシア語通訳協会の初代事務局長、のちに会長を務める。著書に『不実な美女か貞淑な醜女か』(読売文学賞)、『魔女の1ダース』(講談社エッセイ賞)、『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』(大宅壮一ノンフィクション賞)、『オリガ・モリソヴナの反語法』(Bunkamuraドゥマゴ文学賞)などがある。2006年5月、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件