角川文庫 角川ソフィア文庫<br> とりかへばや物語

個数:
電子版価格 ¥468
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫 角川ソフィア文庫
とりかへばや物語

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2016年12月09日 22時25分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044072056
  • NDC分類 913.385

内容説明

権大納言の息子は内気でおしとやか、対して娘は活発で外交的。このままでは貴族として暮らすことが難しいと心配した父親は、2人を男女の性を取り替えて成人式をあげさせた。娘は男性として女性と結婚、息子は女官として女性の東宮へ出仕。すべては順調に進んでいるようだったが…。『源氏物語』の影響を色濃くうけながら新たな境地を開いた物語は、登場人物の心に深く分け入りながら、大団円へと物語を収斂させていく。

目次

悩める大納言の登場
内気な若君と活発な姫君
姫君(実は男君)の裳着
若君(実は女君)の加冠
宮の中将の登場
女君の結婚問題
偽装された結婚生活
女君の憂愁
男君、尚侍として出仕する
きょうだいの合奏〔ほか〕

著者紹介

鈴木裕子[スズキヒロコ]
東京生まれ。駒澤大学教授。東京女子大学大学院修了。平安文学専攻、特に『源氏物語』を中心テーマとする。高野裕子の名で歌集に『煙色の子猫』(角川書店)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)