角川ソフィア文庫<br> 源氏と漱石―千夜千冊エディション

個数:
電子版価格 ¥1,815
  • 電書あり

角川ソフィア文庫
源氏と漱石―千夜千冊エディション

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月02日 19時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 412p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044007454
  • NDC分類 019
  • Cコード C0195

出版社内容情報

平安の『源氏物語』から明治の近代化を経て『夜明け前』に至るまで、日本文学はどのような伝統を引き継ぎ、いかに近代化してきたか。「源氏」という構想の妙を紐解き、古典と近代を繋ぐ、新しい日本文芸史。
「源氏」と「漱石」をつないでみたいと思ってきた。「もののあはれ」と「可哀想だた惚れたってことよ」である。途中には右京大夫、西行、後鳥羽院、連歌、芭蕉、西鶴、井月たちがいて、主人公をあからさまにしないスタイルを試みてきた。しかし「漱石」以降、近代文学は主人公を用意して、その「創(きず)」を描くことにした。何かの「夜明け前」だったのか。

目次

第1章 源氏という構想(紫式部『源氏物語』その1 一五六九夜;紫式部『源氏物語』その2 一五七〇夜;紫式部『源氏物語』その3 一五七一夜)
第2章 古典の風味をつなぐ(小西甚一『日本文学史』一〇四九夜;高橋睦郎『読みなおし日本文学史』三四四夜;藤原公任選『和漢朗詠集』一五八夜 ほか)
第3章 近代との遭遇(磯田光一『鹿鳴館の系譜』一三一夜;尾崎紅葉『金色夜叉』八九一夜;正岡子規『墨汁一滴』四九九夜 ほか)

著者等紹介

松岡正剛[マツオカセイゴウ]
編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。70年代にオブジェマガジン「遊」を創刊。80年代に「編集工学」を提唱し、編集工学研究所を創立。その後、日本文化、芸術、生命科学、システム工学など多方面におよぶ研究を情報文化技術に応用しメディアやイベントを多数プロデュース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かふ

17
日本文学案内(ナビゲーター)としての本。『源氏物語』についてはかなり詳しく3回にわけて、五十四帖すべてを解説してくれているので、これから読む人にも便利なナビゲーターとして役立つと思う。ただ『源氏物語』にパワハラはないとか西行が桜を日本に広めたとか間違ったことを断言するのでそのへんは注意する必要があると思う。『源氏物語』を漱石に繋げる読みは「追伸」として書かれたあとがきで示されるだけで、本文はそれぞれの文学案内としての内容である。日本文学の彼岸性、此岸という現実世界と彼岸という幻影世界の二面性。2023/07/06

なおこっか

4
源氏と漱石をつないでみたい、との正剛先生のまえがきを読んだ時は???っとなったけれど、通読すると西行や芭蕉や西鶴や井月を経て、日本文学の地下水脈がきちんとつながっていた。源氏は珍しく三夜にわたって解説されているが、その概要自体は源氏読みにとっては既知であったりする。しかし重要なのはその先で、源氏は源泉なのである。それぞれの時代時代の作者としては既読の作品も、この流れにのまれて読んでみたくなるし、今回提示された水脈以外も探してみたくなる。正剛先生が“逸品”と言う幸田露伴も読まねばなるまい。2023/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20579853
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。