角川ソフィア文庫 ビギナーズ・クラシックス日本の古典<br> 古事談

個数:
電子版価格
¥1,188
  • 電書あり

角川ソフィア文庫 ビギナーズ・クラシックス日本の古典
古事談

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 02時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 325p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784044005573
  • NDC分類 913.47
  • Cコード C0193

内容説明

鎌倉時代初め、源顕兼により編修された『古事談』は、王道后宮・臣節・僧行・勇士・神社仏寺・亭宅諸道の6巻から成る説話集。後続の『宇治拾遺物語』『古今著聞集』にも大きな影響を与えた。好色譚「称徳天皇が道鏡を愛した事」から始まり、貴人の逸話や故実・奇譚・霊験譚まで、王朝社会の多彩な説話が満載。清少納言・藤原道長・平将門・安倍晴明も登場。70話を厳選し、原文・現代語訳と書き下し文に解説を付した決定版!

目次

第1 王道后宮
第2 臣節
第3 僧行
第4 勇士
第5 神社仏寺
第6 亭宅諸道

著者等紹介

源顕兼[ミナモトノアキカネ]
1160(永暦元)‐1215(建保3)年。鎌倉前期の公卿。源宗雅の子。刑部卿を務める一方で、藤原定家とも親交があり、有職故実にも精通していた。1211(建暦元)年、52歳で出家後、説話を収集し、『古事談』6巻を編修した

倉本一宏[クラモトカズヒロ]
1958年、三重県津市生まれ。東京大学文学部国史学専修課程卒業、同大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程単位修得退学。博士(文学、東京大学)。国際日本文化研究センター教授。専門は日本古代政治史、古記録学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fseigojp

8
結構あけすけな宮廷スキャンダルも書かれてあり、思いの外に現代的だった2021/04/11

わ!

7
鎌倉時代の初期に書かれた説話集です。その時代に伝わった色々な文献から、(おそらくは編者が)興味のわいた記録を、まとめ直した本です。内容的には忌憚のない話が多く、称徳天皇の好色譚から始まったりするので驚いてしまいます。書かれている説話の時代のはばも広く、聖武天皇の話から、この書が書かれた順徳天皇の時代まであるようです(この文庫に載っている話は少ないので、すべての時代分はないけれど…)。史実ではない話も多いのですが、解説文が詳しいので問題なく、当時の人たちがどの様な事柄に興味があったのか解って面白いです。2024/03/22

楽ちま

0
このシリーズとしては少し長い(他は200P台だからねぇ)けど、サクサク読めた。 抄出している本だから、この1冊だけで古事談の全てを理解はできない(特に説話だし)だろうけど、宮廷の内側をよく見られる書物だと思った。倉本先生が指摘なさっているように、著者は小右記等を参考にしているというのも納得出来る。 欠点は、例えば十訓抄にも載っている説話に、どの章に載っている話か、というのが記されていないところ。保昌が一騎当千の武者を見抜いた話を、十訓抄で調べたのだが、すぐ見つけられなかったので、記してあると良かった2022/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16959775
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。