角川文庫<br> RDGレッドデータガール はじめてのお使い

電子版価格 ¥594
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
RDGレッドデータガール はじめてのお使い

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043944408
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

現代ファンタジーの最高傑作! 荻原規子の大人気作品、ついに文庫化!世界遺産の熊野、玉倉山の神社で泉水子は学校と家の往復だけで育つ。高校は幼なじみの深行と東京の鳳城学園への入学を決められ、修学旅行先の東京で姫神という謎の存在が現れる。現代ファンタジー最高傑作!

荻原 規子[オギワラ ノリコ]
著・文・その他

酒井 駒子[サカイ コマコ]
イラスト

内容説明

世界遺産に認定された熊野古道、玉倉山にある玉倉神社。そこに住む泉水子は中学三年まで、麓の中学と家の往復だけの生活を送ってきた。しかし、高校進学は、幼なじみの深行とともに東京の鳳城学園へ入学するよう周囲に決められてしまう。互いに反発する二人だったが、修学旅行先の東京で、姫神と呼ばれる謎の存在が現れ、さらに恐ろしい事件が襲いかかる。一族には大きな秘密が―。現代ファンタジーの最高傑作、ついに文庫化。

著者等紹介

荻原規子[オギワラノリコ]
東京生まれ。早稲田大学卒。『空色勾玉』(福武書店)でデビュー。その後、『白鳥異伝』『薄紅天女』(徳間書店)で「勾玉三部作」を構成する。以来、ファンタジー作家として活躍。2006年、『風神秘抄』(徳間書店)で、第53回産経児童出版文化賞・JR賞、第46回日本児童文学者協会賞、第55回小学館児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

射手座の天使あきちゃん

382
初荻原さんです、目を閉じると鬱蒼と生い茂るヒノキの森や降り注ぐ滝の雫のイメージに肌がヒンヤリするお話です 熊野古道・玉倉神社に暮らす泉水子はちょっと運動オンチの普通の中学三年生、の筈でしたが幼なじみの深行が現れてから彼女の廻りに次々に妖しい出来事が・・・ 実は特別な血脈を受け継ぐ泉水子・この後の運命や如何に(笑) それにしても表紙の女の子・幼児体型過ぎませんか? 5頭身? 頭デカ過ぎぃ! <(^_^;2013/08/25

kaizen@名古屋de朝活読書会

268
姫神が憑く泉水子(いずみこ)と山伏修行中の深行(みゆき)が修学旅行で東京に行く際に、泉水子の母親の紫子(ゆかりこ)に会おうとする。何が会うのを妨げるのかが分からない。和宮と深行の前で舞う泉水子。 2013/08/26

いりあ

169
荻原規子の"RDG"シリーズの第1巻。2013年4月から岸田メルのキャラデザでアニメ化も発表されているので一足早くシリーズを読んでみようと思いました。現代日本においては絶滅危惧種だと思わせる中学生、鈴原泉水子の成長物語です。泉水子本人に宿る不思議な力、裏から日本を操る山伏と呼ばれる謎の集団、姫神と呼ばれる女神…とエキセントリックな要素も多いですが、日常と非日常がシームレスに書かれているのであまり意識せずに物語に入り込めました。様々な謎も気になりますが、泉水子と深行の関係がどうなっていくのか見守りたいです。2012/12/29

いおむ

153
発売当時読んでみたいと思っているうちにアニメを先に見て、嫁の方が気にいってしまい、本を買い揃えはじめてしまいました。アニメの出来は良かったが、原作を読んでみるとその世界観などがより理解できて更に良かった。これから神社に参る時は今までとはちょっと違う面持ちになりそうです。2014/06/15

よっち

142
変わった両親によって紀伊山地の神社の祖父のもとに預けられていた中学生泉水子が、突然父親に東京への進学を言い渡され、幼馴染の深行に再会したことをきっかけに、自ら一歩を踏み出そうと決意するお話。当初泉水子は特殊な事情もあり何もできない自分に自信がなくて、良くも悪くもまっすぐな深行の存在にイライラして、でも自身が見えていなかった、見ていなかった一面もあって、最終的に自分の役割を認識した泉水子が勇気を持って踏み出した一歩が、今後どういった変化をもたらしていくか、深行との距離感がどう変わっていくのかも楽しみです。2014/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3314053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。