角川文庫<br> 星影の女―妻は、くノ一〈2〉

個数:
電子版価格 ¥506
  • 電書あり

角川文庫
星影の女―妻は、くノ一〈2〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月28日 09時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043931026
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「わしがこの国を開いてやる」江戸藩邸で「甲子夜話」の執筆にいそしむ元平戸藩主、松浦静山はこともなく言い放った。友人の千右衛門に連れられ下屋敷に呼び出された雙星彦馬は仰天。こんな発言は露見すると即座に打ち首だった。天文航海に通じた彦馬に期するものでもあるのか。神田妻恋坂の裏長屋に居を定め、寺子屋の合間を縫って織江を探す彦馬。だが、花のお江戸は今日もまた驚きの連続なのだった…。人気シリーズ第2弾。

著者等紹介

風野真知雄[カゼノマチオ]
1951年、福島県生まれ。立教大学法学部卒。93年に「黒牛と妖怪」で第17回歴史文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

165
日常の不思議、怪談、謎解きといったミステリー的な趣向。歴史を背景にした陰謀は時代劇ながらの醍醐味。愛しあう男女がなかなか一緒になれない現代的ラブストーリー。といった具合に面白さの要素を多方面から固めてあってよく出来ている。これで文章が濃いわけでもなく、あっさりさっぱり軽ーく読ませるバランスが非常に良いかと思います。ドラマ版ではオミットされたユーモアが効いてとても楽しい。かといってドラマが悪いという意味ではなく、あちらはあちらで凝縮のさせ方が上手かったように思います。2015/07/04

mr.lupin

56
「妻は、くノ一」、シリーズ第二弾読了。あれ、こんな内容だったかな?と、第一弾の内容をほぼ忘れている状態ではあったが、それでも面白おかしく楽しむ事ができたものの、やっぱり今一つ話のながれか良く掴めなかった。彦馬はこんなにも謎解きが得意だった? くノ一の織江の活躍は? う~ん、やっぱりうまく繋がらないな。もう一度、第一弾から読み直さないといけないな。シリーズ物は余りにも読む間隔をあけると、こんな事にもなってしまうと言う事が良くわかった。☆☆☆☆★2021/05/28

優希

45
織江さんと彦根の関係がもどかしいです。くノ一であるがために愛する人と共にいられないというのが切ないですよね。くノ一の悲しい運命を見たような気がしました。神田妻恋坂の裏長屋に居を定め、寺子屋の合間に織江さんを探す彦馬。一方の織江さんは川村に言い寄られたり、静山に手籠めにされようとしたりと大変なことになっているようです。彦馬と織江さんは晴れて再び結ばれるのか、織江さんはくノ一としての悲しい運命の中江戸を渡り歩くのか。続きがますます気になりますね。2014/08/11

のびすけ

39
シリーズ2作目。彦馬の身の回りの謎解きが中心。失踪した妻・織江を捜す彦馬だが、実はすれ違うくらい近くに織江がいることを彦馬は知る由もない。彦馬の謎解きよりも、彦馬の様子をこっそり窺いつつ密偵として働く織江のお話しの方がスリルがあって面白い。2021/07/08

豆乳くま

37
織江を探しながら江戸での生活を始めた彦馬。織江はなかなか見つからないが住む所も職も友も直ぐに見つかった。なんだか嬉しい。日常の謎を解いたり元平戸藩主静山公と関わったり充実している。織江はこんなにも近くにいるのに!もどかいが彦馬のキャラにはこれくらいが丁度いいか。2015/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579891

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。