• ポイントキャンペーン

角川文庫
歓喜の歌

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 169p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043877010
  • NDC分類 913.6

内容説明

暮れも押しせまり、誰もが忙しい12月30日。事件は1本の電話から始まった―。怠惰でいい加減な文化会館の主任・飯塚は、大晦日のママさんコーラスのコンサートを、ダブルブッキングするという大失態をやらかした。が、いつものように「何とかなるさ」と高をくくっていたが、両者とも譲らない。忙しい日々の中で、仲間と歌う喜びをけっして諦めない主婦たちの姿に、飯塚の心は…。映画『歓喜の歌』の小説版。

著者紹介

立川志の輔[タテカワシノスケ]
落語家。1954年、富山県生まれ。83年に立川談志師匠に入門。翌年から精力的に落語公演をこなし、90年には、文化庁芸術祭賞を受賞。同年、立川流真打に昇進。庶民の悲喜こもごもを絶妙な観察眼で描き出す新作落語で、いま、「もっともチケットが取れない落語家」と言われている。2004年PARCO劇場初演の高座『歓喜の歌』が映画化される

松岡錠司[マツオカジョウジ]
映画監督。1961年、愛知県生まれ。90年に『バタアシ金魚』で劇場用映画監督デビュー、ブルーリボン賞をはじめ、数々の新人監督賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)