角川文庫<br> 超人計画

個数:

角川文庫
超人計画

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月18日 23時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043747030
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



滝本 竜彦[タキモト タツヒコ]
著・文・その他

安倍 吉俊[アベ ヨシトシ]
イラスト

大塚 ギチ[オオツカ ギチ]
著・文・その他

内容説明

新人作家は悩んでいた。厳しすぎる現実を前に立ちすくみ、ダメ人間ロードを一直線に突っ走る自分はこのままでよいのだろうか?…いや、よくない!!虚無感とルサンチマンに支配された己を変えるには、そうだ!“超人”になるしかないのだ!!「くじけてはダメ、ゼッタイ!」やさしく励ます脳内彼女レイと手を取り進め、超人への道!!『NHKにようこそ!』の滝本竜彦が現実と虚構のはざまに放つ前人未踏の超絶ストーリー。

著者等紹介

滝本竜彦[タキモトタツヒコ]
1978年、北海道生まれ。ひきこもりが高じて大学を中退し、輝かしい青春のひとときをフルスイングでドブに投げ捨てる。2001年、第5回角川学園小説大賞特別賞を受賞した『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yobata

13
滝本竜彦自身の人生をセルフパロしたルサンチマンからの脱却,「超人」になるためのエッセイ風ストーリー。引きこもり,ハゲ,ED,幻覚マッシュルームとダメ人間街道まっしぐらの滝本が唯一頼りにしていた脳内彼女レイの助けを受けながら人間彼女を手にし超人になろうとするんだけど、これはどこまでが現実でどこまでが虚構?間に実際を思わせる写真が挟まれてるのでどっちが本当か狭間で揺れながら読み進めたけど、相当にイタイなw自分の行動,存在の正当化、脳内彼女レイをあれほど昇華させるのはある意味神ががってるわw2015/01/11

miroku

11
痛い。ひたすら…痛い。2013/02/08

メルキド出版

10
編集者村上が滝本につけるキャッチコピー「二十一世紀の太宰治」。これは滝本に留まらずあらゆる「おしまい人間」に捧げられた励ましの言葉だろう。およそ20年前の作品であるが小説的強度は失われていない。けっして「絶望ごっこ」(宇野常寛)ではない。かといって「ほんとうに痛い」生真面目さでもない。幻想の月を信じるリアリストの強かなライフログであろう。2022/10/25

片瀬

6
雲行き、怪しいですねえ…。『NHKへようこそ』で有名な滝本竜彦さんの脳内彼女率いる妄想ぐるぐるエッセイ。全体的に軽快な語り口で面白仕立てなのですが、それがかえって躁鬱(?)なんじゃないか、と思わせて危険でなりません。はあ…。ひきこもり、大学中退など身内に同じような境遇の人が居るので、より一層この人には頑張ってほしいなと思いました。でも、まあ、今から10年も前の本ですから、この妄想ぐるぐる生活がどうなってるかなんてわかりませんが。2013/12/20

おはる

6
積もりに積もったどろどろのルサンチマンを抱えた著者は怨念地獄から生還するために超人ロードを歩もうと決意する。脳内彼女レイのナビゲートによって…。本書はその道中のむにゃむにゃを描いたものだが、内実はハゲだのひきこもりだの自虐ネタ+三次元彼女ほしい!連呼の嵐。「なんだか全体的にウスラ寒くて気味が悪いわ」と一蹴したいところだが、その自意識過剰ぶりは遠い昔の自分を見ているようでイタくて辛くて、それなのに何だか愛おしく思えてくるから不思議。経験上ここまで来ると開き直るしかないと思うのだが…とにかく著者に幸あれ。2011/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550431
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。