• ポイントキャンペーン

角川文庫
死にたもう母

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 280p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043745012
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

八十九歳で実母の「バアさん」が亡くなった。四十九日がすみ、母の持ち物を整理していたら、タンスの引き出しに、おかきセンベイの袋が二十六袋もしまってあった。紐も包装紙も、輪ゴムもトレーも、ためこむ世代の母だった。何やら木の実のようなものが、びっしり詰まった箱もでてきて…。実母の突然の死から、義母の死まで。同居していたふたりの母の最晩年の日々を、温かくユーモラスに綴り、人生の哀切を切り取った感動の随筆集。

目次

長寿梅干し
お上への貸し
不幸の幸
形見の声
ギックリ腰
廃水のゆくえ
おふろ
額のしっぽ
隣人
名前
におう
わからぬ
酔う
肉筆原稿
オリンピック
祝辞
通信販売
朝顔
トラブル
聖夜
元旦
祖父
コロッケ

著者紹介

出久根達郎[デクネタツロウ]
1944年、茨城県生まれ。古書店主、作家。古書店経営を続けながら執筆活動にはいり、91年に『本のお口よごしですが』で第八回講談社エッセイ賞、93年に『佃島ふたり書房』で第一〇八回直木賞を受賞