角川文庫 角川ソフィア文庫<br> うつほ物語

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

角川文庫 角川ソフィア文庫
うつほ物語

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月26日 22時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043742035
  • NDC分類 913.34
  • Cコード C0193

内容説明

源氏物語に先行する壮大な長編物語。ある貴族の四代にわたる秘琴の伝授を主題とし、源氏・藤原氏両家の皇位継承をめぐる対立を絡めて語られる。異国の不思議な体験や琴の伝授にかかわる奇瑞などの浪漫的要素と、皇位継承や結婚に関する世俗的な話題を併せ持つ。絶世の美女への求婚譚、三奇人のエピソードも登場し、波瀾万丈の展開が楽しめる。膨大なため全体像がみえにくかった作品を初めてわかりやすく説いた古典入門書。

目次

俊蔭
藤原の君
嵯峨の院
春日詣
吹上・上
祭の使
吹上・下
菊の宴
あて宮
内侍のかみ
沖つ白波
蔵開・上
蔵開・中
蔵開・下
国譲・上
国譲・中
国譲・下
楼の上・上
楼の上・下

著者等紹介

室城秀之[ムロキヒデユキ]
白百合女子大学教授。1954年生まれ。東京大学卒・同大学院博士課程単位取得。博士(文学)。専門は物語文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

50
発生が比較的古いのに、いろいろな要素が含まれていて、後発の作品との比較が面白くなりそう。2016/04/05

ゆずきゃらめる*本とお花♪

45
〈日本の古典を読む第三回〉のイベントより。「うつほ物語」ずっと読みたかった古典です♪日本最古の長編物語なので作者未詳。現代口語訳も少ない。本書にも全てが書かれてないのが惜しい。読んでいると「源氏物語」に似ている部分が多い。構成的には付け足しり、後で思いついたのかもしれません。[あて宮の求婚譚]は必要? [琴の物語]で読むととてもファンタジックで面白かった♪2017/03/09

しゅてふぁん

31
清少納言や紫式部も読んだという『うつほ物語』。一言で言うと、秘琴伝授の話。こんなに面白いとは思わなかった!ただ、登場人物が多すぎてややこしい。長編の物語では時間の経過とともに登場人物の役職がどんどん変わっていくので誰が誰だかわからなくなっていくから大変。親兄弟は名前も似てるし…。もっと詳しい内容を知りたい、涼・仲忠優劣論に加われるくらい読み込んでみたいと思って、図書館で全集(全3冊!)を手に取ってみたけれど、あまりの重さにすぐに棚に戻してしまった。でも、近いうちに読む!!2017/03/16

しぃ

27
日本最古の長編物語。紫式部や清少納言も読んだという物語です。解説によるとどうにも話が噛み合わずに無理やり長編にしたような形跡もあるようですが、とても面白かったです。似たような名前が多く、主人公が代替わりしていくのでややこしい部分はあります。秘琴伝授なんて、今見ても魅力的な言葉。途中求婚話になって戸惑いますが、最後はまたいいシーンでした。2018/08/05

よよ

23
壮大な長編物語でした。琴柱のない七絃の「琴の琴」の秘琴伝授を巡る物語と、絶世の美女「あて宮」への求婚の物語が合わさっていました。 清原俊蔭は、遣唐使として唐に渡り、難破し波斯国の海岸に流れ着きます。突然現れた青い馬によって栴檀の林へ導かれ、そこで琴ばかり弾く(三人の人)に出会い、琴を習うのでした。俊蔭が日本に戻ったあとの世界は、世俗的な価値観で溢れているように感じます。そこから隠居し、ただ娘にのみ琴を伝授した俊蔭。そのあとの求婚と琴を巡る物語は、孫の仲忠へと引き継がれていくのでした。2020/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/500731

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。