角川文庫<br> バッテリー

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

角川文庫
バッテリー

  • ウェブストアに88冊在庫がございます。(2021年09月24日 16時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 262p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043721016
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

そうだ、本気になれよ。関係ないこと全部すてて、おれの球だけを見ろよ。中学入学を目前に控えた春休み、父の転勤で岡山の県境の街に引っ越してきた巧。ピッチャーとしての自分の才能を信じ、ストイックなまでにセルフトレーニングに励む巧の前に同級生の豪が現れ、バッテリーを組むが…。

あさの あつこ[アサノ アツコ]
著・文・その他

佐藤 真紀子[サトウ マキコ]
イラスト

内容説明

「そうだ、本気になれよ。本気で向かってこい。―関係ないこと全部捨てて、おれの球だけを見ろよ」中学入学を目前に控えた春休み、岡山県境の地方都市、新田に引っ越してきた原田巧。天才ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、それゆえ時に冷酷なまでに他者を切り捨てる巧の前に、同級生の永倉豪が現れ、彼とバッテリーを組むことを熱望する。巧に対し、豪はミットを構え本気の野球を申し出るが―。『これは本当に児童書なのか!?』ジャンルを越え、大人も子どもも夢中にさせたあの話題作が、ついに待望の文庫化。

著者等紹介

あさのあつこ[アサノアツコ]
1954年岡山県に生まれる。青山学院大学文学部卒業。『バッテリー』(教育画劇)で野間児童文芸賞、『バッテリー2』で、日本児童文学者協会賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

272
1000万部を超える大ベストセラーとなった本書は子供が少年野球をやっていた関係で文庫化される前に待ちきれずに単行本を購入して読んだ。飛びぬけた才能を持つピッチャー原田巧の存在感とキャッチャー永倉豪の人物造形がよくまたひたむきな子供たちの姿勢が読んでいて 心をうつ。ライバルとなるチームに強打者がいて・・という設定は定番すぎるのだが。2004/01/01

再び読書

183
野球というスポーツの独自性を表した小説に感じた。投手という孤高であり、相反してチームワークを何より必要とするポジションを描いている。両親、弟、祖父、将来のチームメイトとのやり取りの中で、少しずつ変化していく主人公の巧の心の葛藤が、胸を少し締め付ける。この付近の年齢以外では、まず無い感受性の強さに、忘れていた少年時代を思い出す。これからも続きを楽しみに読み進めていきたい。2012/12/03

ehirano1

170
”孤独のチカラ(齋藤孝)”で紹介されていたので手に取りました。これ児童書じゃないですね、しっかり大人の世界にも当てはまると思います。特に、自分の中に忘れ去られていた何かを思い出させてくれます。良書。2016/04/02

ehirano1

160
「おれのやりたいのは野球なんじゃ。野球っていうのは、ひとりじゃできんからな(p148)」、「野球って、させてもらうんじゃなくて、するもんですよ(p163)」、「・・・誰かに憧れて、同じように野球をしたいなんて思っている人はだめよ。いつか、だめになる(p193)」。”野球”を”仕事”に置き換えてみると興味深いです。2016/04/02

おかむー

145
評価の高いシリーズとして注目はしていたけど今回初挑戦。思春期入り口の複雑な少年の心理が面映ゆいぐらいの青春小説ですな。『よくできました』。才能を自覚し誇りに思うゆえに他人を見下すとんがった主人公・巧には終始イラつくけれど、環境の変化と周囲のひとびとによって少しづつ変わってゆくところまでがこの物語の味ってものでしょう。とはいえおそらくシリーズが進んでも基本は生意気なク○ガキなのだろうね(笑)。親の子を想うがゆえのすれ違いも大きくえがかれてることによる単なる児童文学に収まらない深みも好感触2015/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/568605

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。