角川文庫<br> 世紀末の作法―終ワリナキ日常ヲ生キル知恵

電子版価格 ¥792
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
世紀末の作法―終ワリナキ日常ヲ生キル知恵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 411p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784043530014
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

テレクラ・ブルセラ・プリクラ・ポケベル。90年代の日本に何があったのか。社会学者・宮台真司の行動の源泉を知る一冊。

目次

第1章 現象編―彼女の日常、彼らの風景(世界を受け入れない少女たち(桜井亜美『イノセントワールド』解説)
「セイソな」女子高生は「インビな」人妻に成長する!?
「売春女子高生」は「女性自衛官」になる!? ほか)
第2章 背景編―殺したい物語(「屋上」という居場所;三島由紀夫に死を!;電子ネット社会を生き残る女の子たち ほか)
第3章 提言編―世界と自分のリセット(女性たちの「断念」にこめられているもの;平準化幻想―「過剰な規範性」こそ問題、のしかかる差異と折り合って;新しいイノセンス―汚濁にまみれつつ世界を拒絶する、「新少女」が示す実存形式のひろがり ほか)