角川文庫<br> 知識人99人の死に方

個数:
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
知識人99人の死に方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 01時30分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041690345
  • NDC分類 281.04

内容説明

冥土の旅はひとり専用。家族が看取ろうと、壮絶に死を演出しようと、死に行く人はたったひとり。死の前には人は完全に平等である。だが、そういうシンプルなあり方を誰もが等しく見つめることができるわけではない。この一点で死は不平等でもある。ここに登場する99人は、考えることを生業にした人たちだ。彼らは死を迎えるにあたって何を思ったか?むろん死を正確に見ることができた人など存在しない。ここにはただ99個分の宇宙の眩暈がある。この世で死ぬことの出来なかった人はひとりもいない。あなたも、等しく、ひとりで死んでいく。ならば、安心して、一足先に死んでいった先輩たちに学ぶことにしよう。

目次

手塚治虫―「いま死んだら、死んでも死にきれない」
有吉佐和子―サーモスタットのない人生
永井荷風―たったひとり、生きたいように生きる。死にたいように死ぬ。
渋沢龍彦―病院へと向かう車のなかで、ただ一度、涙ぐんだ。
森茉莉―かけられなかった最後の電話
三島由紀夫―唐突な死の周辺
稲垣足穂―筆極道の本懐
今西錦司―人間は死ぬべくして死ぬのだ
石川淳―死の瞬間、左手は煙草を吸うように唇に添えられた
寺山修司―「60歳まで生かしてくれ」〔ほか〕