角川文庫<br> 青山娼館

電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
青山娼館

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041494172
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「恋は御法度よ」会員制娼館のマダム塔子は言った。娘と親友を亡くす不幸のどん底から、高級娼婦という仕事に行き着いた奈月(32)。青山に佇むその旧い館には、白檀の香りと真に拮抗する男女の関係があった。身体をぶつけ合い、生の実感を取り戻す奈月は、やがてマダム塔子の過去を知ることになる―。怒りと悲しみに満ちた人生が交錯し、身体から再生していく日日を描いた全く新しい衝撃作。話題騒然、待望の文庫版。

著者等紹介

小池真理子[コイケマリコ]
1952年、東京生まれ。成蹊大学文学部卒業。89年、「妻の女友達」で日本推理作家協会賞の短編部門を受賞。96年、『恋』で直木賞を、98年、『欲望』で島清恋愛文学賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

268
タイトルに惹かれて、いつか読みたいと思ってた。圧巻は主人公が2歳の娘を亡くすところ。胸をギリギリこすられるような。こういう娼館、きっと日本のどこかに存在するんだろうなって、想像しながら。小池さんらしいおしゃれな作品。タイトルは超えられなかったようだけれど。2018/02/16

ろくせい

67
会員制の娼館で働く32才の女性を主人公にした物語。2018/04/11

Take@磨穿鉄靴

55
残念ながら何が言いたいのかよく分からなかった。話の流れやエピソードはしっかりとしてると思うけどそれがどう結び付くのか小池氏が何を伝えたいのかが理解出来なかった。ボールペンのエピソードはくだらなすぎてコメディになりそうなレベル。あと本筋とは全然関係ないけど入会金1000万はなんだそりゃって感じ。★★★☆☆2019/07/18

TANIZAKI

42
読み終えた時この先読むページがないのは寂しいと思えた。堕落しても自分の強さを求め続ける姿は美しいと思えた。愛し続けた私生児の舞を事故死で失った香月。母親と不倫相手を愛し続けたが愛されなかった絶望の日々。舞の死後マッサージ師に揉まれた時偶然触れた手の温もり。その時舞の温もりに気づき自然と涙を流す。娼婦になっていた親友の麻木子と再会し「娼館」にて香月は男の温もりを得る。温もりは絶望感を癒すものだが、汚れた物にでもすがらなければ生きていけないことを知っているほど汚れた物でもある。娼館は強さを取り戻すつなぎだった2020/09/13

シュラフ

29
幼い娘を失くして生きる希望をなくした女の再生の物語であるが、舞台と役づくりが高級娼館の娼婦ということで物語に爽やか感はない。また人との新たな出会いが再生のきっかけとなるということは分かるのだが、自殺した親友の恋人とのセックスによって生への気力を取り戻すという展開もどうなのかなと思ってしまう。読メのみなさんの感想も戸惑い気味なのがよく分かる。ところで、このような高級娼婦というのは本当に存在するのだろうか。もっとも入会費が1000万円で、年会費が300万円、その他にデート代…自分には縁のない世界だ。2015/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/557832

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。