角川文庫<br> 誰か故郷を想はざる (改版)

個数:
電子版価格 ¥453
  • 電書あり

角川文庫
誰か故郷を想はざる (改版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年09月25日 02時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 205p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041315293
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「おまえは走っている汽車のなかで生まれたから、出生地があいまいなのだ」。一所不住の思想に取り憑かれた著者は、やがて母のこの冗談めいた一言に執着するようになる。酒飲みの警察官の父と私生児の母との間に生まれて以来、家を出、新宿の酒場を学校として過ごした青春時代を表現力豊かに描く。虚実ないまぜのユニークな自叙伝。

目次

第1章 誰か故郷を想はざる(汽笛;嘔吐;羊水;誰でせう;排泄;庭;へっぺ;聖女;神;空襲;玉音放送)
第2章 東京エレジー(友人;賭博;政治;反読書;戦後;旅路;大学闘争)

著者等紹介

寺山修司[テラヤマシュウジ]
1935年、青森県生まれ。早稲田大学中退。67年、演劇実験室「天井桟敷」を設立。演劇・映画・短歌・詩・評論など意欲的に活動。83年、敗血症により47歳で逝去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

家を出、酒場を学校とした青春時代を虚実織り交ぜながら描いた寺山流自叙伝酒飲みの警察官と私生児の母との間に生まれて以来、家を出て、新宿の酒場を学校として過ごした青春時代を、虚実織り交ぜながら表現力豊かに描いた寺山修司のユニークな「自叙伝」。

寺山 修司[テラヤマ シュウジ]
著・文・その他

鈴木成一デザイン室[スズキセイイチデザインシツ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件