角川文庫<br> 青女論―さかさま恋愛講座 (〔平成17年〕改)

個数:

角川文庫
青女論―さかさま恋愛講座 (〔平成17年〕改)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月26日 07時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 234p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041315286
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「少年」に対して「少女」があるように、「青年」に対して「青女」という言葉があっていい。「結婚させられる」ことから自由になること。それがまず「青女」の条件。そして「女らしさ」の呪縛から解き放たれることが、新しい女として生きるためのステップとなる―。確実に変わりつつある時代感覚を反映して、自由な女として個性的な人生を築くための新しいモラルを提唱する、「家出のすすめ」女性篇。

目次

結婚

旅行
家事
出産
化粧
情熱
らしさ
老後
幸福
おかね
愛され方
「女性論」総点検
岸田秀VS寺山修司「男にとっての性 女にとっての性」

著者等紹介

寺山修司[テラヤマシュウジ]
1935年、青森県生まれ。早稲田大学中退。67年、演劇実験室「天井桟敷」を設立。演劇・映画・短歌・詩・評論など意欲的に活動。83年、敗血症により47歳で逝去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

82
青女は寺山の造語で、青春期にある女性向けのエッセイ、といったくらいの意味。全体のトーンは軽いのだが、その根っこにあるのは、寺山のアナーキーなまでのリベラリズムだ。彼は、徹底して既成のモラルや権威を信用しないのだ。それはもう見事なまでに。その意味で本書は、詩人や歌人としての寺山よりは演劇人の寺山色が濃厚に出ているだろう。「女らしさ、などは存在しないのです」、「愛情は、虚構です」などアフォリズム風の裁断の仕方も小気味よい。また、未来世界ではブタに人間の臓器を造らせるなど、見通しも確かなことを証明している。2013/06/21

蓮子

72
寺山修司による女性解放論。書かれた時代のせいか、今読むと古いなあと思うところが結構あって、でもそう感じるのは女性がより社会へ出、「女性らしく」という呪縛から解放されつつあることを示していると思います。書き手が男性であり、私が女性であることで違和感や齟齬があるのも影響しているのかも。だけれどもこの本が書かれた当時はとても目新しく、新鮮に受け止められていたに違いない。男女平等が謳われながらそれとは程遠い現実に日々憤りを禁じ得ません。寺山修司が現代社会を見たら何て言うのか興味があります。2019/07/24

ねこさん

26
今朝の天声人語は中原中也の件。中也の自棄の快楽性については抑圧や悲哀と切り離せないだろうし、程度の差こそあれ多くの人が思い当たる感情なのかもしれない。寺山と中也、その「軽やかさ」の異質さがもたらした各々の実生活に漂う空気の差異を想像して目眩がする。雨夜の品定めを想起させるような巻末の対談で、「面倒くさいから結婚しない」と語る寺山。貞淑さの勧めとは「さかさま」というパッケージに隠蔽された、四十代前半の男が抱える欲。そこから切り離せない所から語られた、対象としての女の業が『青女論』とも言えるように思うのだが。2020/02/08

内緒です

18
寺山修司が人気だった理由がわかった気がする。一緒になったら苦労しそうだけど、惹き付けるオーラみたいのが文章から伝わります。2011/01/11

ゆーしー

17
積みから読了。再三言ってる気がしますが、寺山修司は定期的に読んでます。「青年というものがあるならば、青女という言葉もあっていいだろ」という考えから書かれたこの作品。特に面白かったのは最後の章、寺山修司が他の著者の「女性論」に切り込んでいくところですね。古臭い(この作品が書かれた当初から見ても)考え方をスッパリ斬り捨てていくのがなんとも読んでて面白い。2016/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/525206

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。