角川文庫<br> 寺山修司少女詩集 (改版)

角川文庫
寺山修司少女詩集 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 386p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784041315170
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0192

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

210
なみだは にんげんのつくることのできる 一ばん小さな 海です で幕を開ける寺山修司の少女詩集。やはり美しく言葉を紡ぐなぁと!東大の教授だった知人からのオススメで読みました。 『あなたに』と『目』が特に良かったです!詩集は読まないのですが、たまにはいいかも。いい読書体験ができました‼️🙇2019/01/25

tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。

93
赤い糸の端と端を結んで / 輪っかをこさえたら / 両の指に / 紐を引っ掛けたり外したり / 紐はかたちを変えていく / 絡めたつもりが 解けてたり / 繋げたはずが 切れてたり / 恋の綾取りはむずかしい / 魔法の言葉で 引っ張ると / 愛のかたちのできあがり / マハリクマハリタ / ヤンバラヤンヤンヤン / マハリクマハリタ / ヤンバラヤンヤンヤン / ☆5.02021/04/04

Maki

25
「なみだはにんげんのつくることのできる一ばん小さな海です」海のいろは何いろですか?海はそのときどきでちがう色をみせます。空のいろを写したり、ひかりや栄養でも見えるいろが違ってきます。いまぼくの海は何いろかな。きみのは何いろかな。恋のパジャマ、ウラオモテヤマコイ、猫するスイッチ、こいはまいにちいそがしい、恋たちの夜、こいとらくん、わたしたちの恋、恋にかまけて、ほんやのこい、恋のエルは。猫=恋。今月読んだ猫本のタイトル。2019/02/24

8
血があつい鉄道ならば 走りぬけてゆく汽車はいつかは心臓を通るだろう/一本の樹にも流れている血がある 樹の中では血は立ったまま眠っている/どんな鳥だって 想像力より高く飛ぶことはできない/書くことは速度でしかなかった 追い抜かれたものだけが紙の上に存在した●黒光りする金属の巨塊を思う。熱い蒸気を濛濛とあげながら薄暗い地平を疾走してゆく。鉄路は血管、冷たい汽車は体の中で最も遠い心臓を駆け抜けてゆく。眠ったままの血が目ざめるとき、斃れる樹があげる悲鳴を汽車は聞かない。鉄路に轢かれた種子の叫びを汽車は聞かない。2017/05/03

椎名

7
今月5冊目。読了。2016/10/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/524879

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。