角川文庫<br> 馬敗れて草原あり (改版)

角川文庫
馬敗れて草原あり (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 307p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784041315132
  • NDC分類 788.5
  • Cコード C0195

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

masa

70
「人はなぜ読書に熱中するのか?」<少年の意見>ゲームもマンガも持っていない。友達もいない。だから図書館に行くんだ。読書だけがいつも時間を正しく使えている気分にさせてくれるからね。<経営者の意見>知識を増やすためだね。人は裏切るし金は裏切りを呼び込むけれど知識は裏切らないだろう。<サラリーマンの意見>生まれ変わるためですね。想像力の世界では誰でも何にでも、富豪や凶悪犯ときには死者にだってなれるんですよ。<僕の意見>あらゆる分析を上回る一つの明快な解答がある。少なくとも僕の場合。僕は、本が好きなのである。LR2020/12/31

夜梨@灯れ松明の火

7
再読。「八頭のサラブレットが出走するならば、そこには少なくとも八編の叙事詩が内包されている」…はい。競馬は単なるギャンブルではありません。2012/09/12

どんぐり

3
自分は「ロマネスク」的な側面としての競馬が好きです。だから、競馬によって世界を知りたいという、寺山修司の競馬観には共感できることが多い。特に、「競馬は人生の比喩ではなく、人生が競馬の比喩なのだ」という言葉は深すぎます。レースではなく自分が主体であるべきなのだ。そう教えてくれる。メジロボサツという馬の名前の由来が哀しい。2015/08/18

石川さん

3
競馬が大好き、特に父内国産馬が大好きだった時期があったんですけど、サンデーサイレンス産駒と外国産馬が席巻する競馬にロマンがなくなった気がして、いつしか離れてしまいました。でも、競馬にロマンがなくなったんじゃなくて、私にロマンを感じる力がなくなっただけなんだと、この本を読んで反省しました。「競馬ファンは馬券を買わない。財布の底をはたいて「自分」を買っているのである。」など名言が多いですが、私が好きなのは「こんなインチキなレースがあるかいな。これじゃ、まるで熊沢天皇賞や!」ですw2009/12/08

駒場

1
「一つのレースに八頭のサラブレッドが出走するならば、そこには少なくとも八篇の叙事詩が内包されている」「人はなぜ競馬に熱中するのか?――それには、あらゆる分析を上まわる一つの明快な解答がある。少なくとも私の場合。私は、競馬が好きなのである」 競馬新聞批評、馬の血統について、寺山の愛した馬について、競馬史上最大の八百長について、等々……。寺山独特の言語センスで語る競馬は、現代人のイメージする競馬という遊戯の垢ぬけなさというか、日々の生活に疲れた労働者のための娯楽という感じを滲ませつつ、詩的で郷愁が漂う2016/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/438370

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。