角川文庫<br> 人生は、だましだまし

個数:
電子版価格 ¥506
  • 電書あり

角川文庫
人生は、だましだまし

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月25日 20時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 244p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041314333
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

田辺聖子が行き着いた人間の生き方。生きていくために必要な二つの言葉、「ほな」、と「そやね」。別れる時は「ほな」、相づちには、「そやね」といえば、万事うまくいくという。窮屈な現世でほどほどに楽しく幸福に暮らす方法を解き明かす生き方本。

田辺 聖子[タナベ セイコ]
著・文・その他

角川書店装丁室[カドカワショテンソウテイシツ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

542
訃報を聞き、積んであったこちらを思い出し。20代のころに貪るように読んでいたのに、その後憑き物が落ちたようにご無沙汰していたおせいさん。タイトルに惹かれたこちら、おせいさんが経験から導き出した人生訓的なアフォリズムと共に、軽快な文章で「ぼちぼちでいいんだよ(かなり大意)」と読者の背中を押してくれる。ご冥福をお祈りします。2019/06/11

buchipanda3

100
田辺さんが語る人生のアフォリズム(金言、格言、箴言みたいなもの)。齢80を前にした著者の酸いも甘いもかみ分けたような指南(主に男と女のこと)が関西弁の軽妙さにノってつらつらと綴られていた。似た話が多いのはそれほど人の悩みは単純なものなのかも。ちょっとお酒の入った談議のような気軽さで箴言がぽんぽんと出てくる。「男の沽券定期券説」とか「色気じゅくじゅく」って表現がまた可笑しい。目立ちたがり欲は厄介なもん。そして人生はだましだまし、それは騙りではなく希望の謂い回し。「まあ、こんなトコやな」「そやね」。2020/05/11

優希

78
世の中の様々なことを絶妙にユーモアを交えて語っています。世間は窮屈なものですが、そこに些細な幸せを持って過ごすおせいさんは生きることのプロだと思いました。人生色々ありますが、だましだまし、些細な喜びを大切にしながら過ごしていきたいですね。楽しく生きるための教本です。2018/05/17

Shoji

69
普段の生活のちょっとした機微を田辺聖子さんなりの金言に置き換えて面白おかしく語る。時にブラックユーモアを織り交ぜて。語り口は女子目線なので男子の私は苦笑するしかない。「ほな」と「そやな」は世の中を融和させる究極の言葉とか。言い得て妙。肩肘張ってもしゃーない。「人生は、だまし、だまし」かぁ。まさにそうやんなぁ。2017/09/13

ヒロミ

46
おせいさんの随筆を読んだのは初めてでした。ナアナアな中年、イチブン氏と理想高きOL、フィフティちゃん、おせいさん、ときどきカモカのおっちゃんを混じえて語られる「いい塩梅」の大人の随筆集。おせいさんの著作は小説もそうですが、カドがなくて心がまあるくなる感じ。合間合間に挟まれるアフォリズムが印象的でした。そっかー「可愛げのある男」に尽くしてる間にアッという間に人生は幕を下ろしてしまうから野心のある女性は気をつけないといけないのね。結婚ってなかなかふしぎなもんです。おせいさんのほかの随筆も読むつもりです。2018/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/486528

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。