角川文庫<br> 田辺聖子の小倉百人一首〈上〉

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784041314258
  • NDC分類 911.147
  • Cコード C0195

内容説明

古くから日本人に愛された望郷歌、若々しい匂いやかな恋歌、機才・頓智が人気の歌、四季の風趣を愛で静かな情感をたたえた歌。王朝びとの風流、和歌のみやびを心ゆくまで堪能できる百人一首。私たち、現代人にも通じる感懐をうまく掬いあげ、千年を歌いつがれてきた、魅力の本質をユーモラスにユニークに抽出した、楽しい百人一首入門書。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

双海(ふたみ)

23
高校生のころに百人一首を暗記しました(させられました)。当時は半ば嫌々やっていたのですが、今になって思い返せばあのときにきちんと頭に入れておいてよかったなぁ、と思います。ふと口について出てくる歌も百人一首のものが多いです(でもそれは他の歌集の暗誦を怠っているということにもなるんですね・・・)。2015/02/01

俊一

16
何故、この百首なんでしょうねぇ。1首ずつ、田辺聖子さんが解説してくれています。実は作者は違うとか、なかなか興味深いものがありました。好きな人は好きなんでしょうね。残り50首、年内に読みたいなぁ。個人的には、原文そのままで、包みこまれるような雰囲気で読んで、その後、田辺さんの解説を。未だ未だ、古典を味わうのは、難しいのであります。2020/09/22

coco.

9
田辺聖子さんの関西弁混じりの解説が和歌の故郷の地方の空気と馴染み、妖艶な貌を描くのが特徴的な岡田嘉夫さんの挿絵が目を引く百人一首の入門書。岡田さんの絵は、日本人形家のホリ・ヒロシさんの作品を思い出す。定家以前の奈良時代の和歌は、実は定家の手で公家風に語感をアレンジされていたもの。原文の方がわかりやすく口説くない仕上がり。古典から抜粋された逸話を元に読み手の人生の結末、百人一首の由来の食べ物を知れるので読み解きやすかった。歌合で最終決戦に選ばれた二首を順に並ばせている配置が因縁めいたものを感じる。2013/03/16

野の花

8
合間合間に入っている挿絵が素敵。 作者と背景など詳しく書いてありわかりやすく読みやすい。2018/06/30

shou

3
歌の変遷や時代背景、評価を解りやすく解説した本。「秋の田の~」は天智天皇作ではなかったのか…と一首目から吃驚。岡田嘉平夫さんの妖艶な挿絵が素敵。2013/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/50776

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。