角川文庫<br> むかし・あけぼの―小説枕草子〈上〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
むかし・あけぼの―小説枕草子〈上〉

  • 田辺 聖子【著】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 角川書店(1986/06発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月16日 00時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 477p
  • 商品コード 9784041314166
  • Cコード C0193

出版社内容情報

美しいばかりでなく、朗らかで才能も豊か。希な女主人の定子中宮に仕えての宮中暮らしは、家にひきこもっていた清少納言の心を潤した。平成の才女の綴った随想『枕草子』を、現代語で物語る大長編小説。美しいばかりでなく、朗らかで才能も豊か。希な女主人の定子中宮に仕えての宮中暮らしは、家にひきこもっていた清少納言の心を潤した。平成の才女の綴った随想『枕草子』を、現代語で物語る大長編小説。

田辺 聖子[タナベ セイコ]
著・文・その他

内容説明

美しいばかりでなく朗らかで怜悧、しかも文学的才能もゆたか、という類まれな女主人・定子中宮に仕えての宮中ぐらしは、今まで家にひきこもり、渇き喘いでいた清少納言の心をいっきに潤して余りあった。男も女も、粋も不粋も、典雅も俗悪も、そこにはすべてのものがあった。「心ときめきするもの」など、小さな身のまわりの品、事象を捉えて書きつけた『枕草子』。そこには、共に過ごし、話に興じた、細やかな情趣を解してくれた中宮への憧憬と敬慕、中宮をとりまく花やかな後宮の色と匂いと笑い声を、千年ののちまで伝えたいと願う清少納言の夢が息づいている―。平安の才女・清少納言の綴った随想を、千年を経て、今清少納言・田辺聖子が物語る、愛の大長編小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

71
面白かったです。おせいさんの描く『枕草子』は、清少納言の心の中が一気に爆発しているように感じました。有名なエピソードから、小説という形に膨らませ、その想いにはユーモアがたっぷり含まれているように思いました。下巻も読みます。2018/07/21

aika

44
これまで日本の文学史に燦然と輝く『枕草子』の著者としてしか捉えていなかった清少納言その人が、田辺さんの魔法にかかると、生き生きとしたひとりの女性として目の前に現れたかのように感じられます。中宮定子との聡明な掛け合いや、貴族の男性たちとの軽妙な冗談など、勝ち気でチャーミングな清少納言を通して、宮中を覗き見している夢を見ているような心地になりました。夫・則光との不思議な関係性は特に、田辺さんの描写が光ります。疫病の蔓延といった世情や、藤原家の相関図も物語の力で整理できて、平安時代の歴史により興味が持てました。2021/04/07

紅香

29
宮中、ここには男も女も、粋も無粋も、典雅も俗悪もすべてがあった。女は家にひきこもり、他人に顔を見せたりせず、夫を世話し、子供を育てていれば良い。才気をひけらかさず、色ごとにかりそめにも心動かさず家を守っていれば良いという旧弊な男の考え方くらい私をカッとさせるものはないと宣う清少納言の自立心と観察力に共感しきり。清少納言に言われているのか田辺さんに指南されているのか。お二人がまるで同一人物のように見える。男が世間を掻き回す間、女の国はなんと平穏だろうか。中宮定子の煌びやかさに宮中の雅さに心酔する。下巻へ。2022/07/24

coco夏ko10角

29
清少納言が登場する小説を読メで見てると「『むかし・あけぼの』の方が面白かったなぁ」みたいな感想がいくつもあったのでずっと気になっていた作品。読んでみると確かに面白い~。この小説の清少納言(海松子)のノリ好きだな。そして一緒に中宮定子さまにうっとりする。物語上の枕草子の扱い方もいい。下巻は辛い展開が続くと思うけど、のんびり読み進めていきたい。2015/06/11

みみずく

23
清少納言が語り手の「小説・枕草子」ひょうきんで洒脱な歌人だった父に可愛がられた清少納言。好奇心旺盛で身の廻りのことすべてに、人に興味があり、そのことを書き付けていた。その草紙が中宮定子様に認められて感性が通じ合う人に出会えた清少納言の喜びにとても共感した。夫・則光はいい奴だが、清少納言に宮仕えの話が来たのに「鬼と娘は隠れているのがいい」と言ったりどの時代も変わらないものだなぁと思った。煌びやかで雅な世界が心地よく、氷室冴子の「なんて素敵にジャパネスク」を読みたくなる。2014/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547549

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。