角川文庫<br> 白と黒 (改版)

個数:
電子版価格
¥858
  • 電書あり

角川文庫
白と黒 (改版)

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年05月24日 09時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 552p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041304136
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kircheis

227
★★★★☆ 成城のある団地で起こった凄惨な連続殺人に金田一耕助が挑む長編。 横溝先生ご本人もゲストで登場する(笑) 顔のない死体や謎の脅迫者など序盤から魅力的な謎が提示される。また団地の住人たちの群像劇のようなストーリー構成も好みで、「これシリーズ最高の名作になるのでは?」と途中まで思ったりした。 しかし、題名でもある「白と黒」の意味がつまらない上に、物語の不可思議性が単に偶然によって出来たもので、蓋を開ければ真相は全然ひねりのないありふれた犯行だったりと、後半はやや尻すぼみだったのが残念。2020/12/24

セウテス

77
金田一耕助シリーズ第23作目。〔再読〕昭和30年代から始まった、「団地」を舞台に近代的なテーマで展開する。直ぐに殺人事件がおこり、テンポもいつもより素早く感じられ、ある意味違和感はある。舞台設定も地方、孤島、旧村が親族や縁故で住人が繋がっていたのに対し、逆にこの団地は全く関係ない人びとで、コミュニティが形成されている。如何にも現代的な問題点を、団地であるが故の偶然から起こる惨劇に、見事に作り上げていると思う。終章で明らかになる全容は、白と黒を表しているのだが、団地という無作為な人間関係の怖さに寒けがした。2016/02/09

TAKA

76
白と黒ってそういう意味だったのか。今回の舞台が農村ではなく昭和30年代後半な団地。怪文書が出回っての殺人事件。ページ数が少なくなっていくのに最後まで犯人がわからなかった。にしても、張り込み中に居眠りするか!やっぱり高度成長期真っ只中の東京が舞台だけあっておどろおどろしさはなく、なんかスマートし過ぎた感はあったかな。横溝作品に人権侵害とか不適切表現を省いたら横溝作品ではなくなりますからね。2020/06/27

金吾

57
面白いですが、途中の伏線が冗長でした。白と黒の意味がわからないまま読んでいましたので、犯人はともかく理由はさっぱりわからないままでした。ラストは無能すぎる警察に唖然としました。2022/10/16

HANA

56
現代の団地の人間模様を中心としているため、所謂「横溝らしさ」というものは希薄であるが、近代建築の中を駆ける金田一というのも趣があってなかなかだと思う。事件の内容も広義の「顔のない死体」に当たるし。伝承や因習から来る人間関係が遠因となっている作品とは違い、実生活の中の人間関係が原因というのはむしろ当時のミステリ全般に近いような気もする。動機とかもこちらの方が生々しいし。ついこないだ原型となった作品も読んだが、様々な要素を組み合わせている点とか話の流れとか、やはり長編の方が読み応えがあるなあ。あとS・Y先生。2013/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/553884
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。