角川文庫<br> 高校事変〈16〉

個数:
電子版価格
¥924
  • 電書あり

角川文庫
高校事変〈16〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041137826
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

夏休み明けの初日。全国の小中高の学校で大規模な爆発が発生。瑠那と凜香が通う日暮里高校にも事前に爆破予告があり、校内を調べるとプラスチック爆薬が見つかった。2人の機転により最悪の事態は回避されたが、爆発騒動は新たな戦いの序章に過ぎなかった……。行方が分からなくなっていたあの女生徒も登場で、瑠那たちとの対立は激化。危機に次ぐ危機――果たして彼女たちの向かう先は!? JK無双の人気シリーズ、新展開!

内容説明

夏休み明けの初日。全国の小中高の学校で大規模な爆発が発生。瑠那と凜香が通う日暮里高校にも事前に爆破予告があり、校内を調べるとプラスチック爆薬が見つかった。2人の機転により最悪の事態は回避されたが、爆発騒動は新たな戦いの序章に過ぎなかった…。行方が分からなくなっていたあの女生徒も登場で、瑠那たちとの対立は激化。危機に次ぐ危機―果たして彼女たちの向かう先は!?JK無双の人気シリーズ、新展開!

著者等紹介

松岡圭祐[マツオカケイスケ]
1968年12月3日、愛知県生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーに。大藪春彦賞候補作「千里眼」シリーズは累計628万部を超える人気作となった。「万能鑑定士Q」シリーズは2014年に映画化され、さらにブックウォーカー大賞2014文芸賞を受賞、17年には吉川英治文庫賞候補作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

295
ファンサービス盛りだくさんで、読者待望の結衣との絡みも実現。メタ発言も多くニヤリとなる。勢いで乗りきってはいるが、EL累次体に中国党幹部がいるのはさすがに不自然だったり、亜樹凪が田代勇二に続いて小物化しそうな気配があったり、懸念点も多く、特に作中でも言及があるように、主役が瑠那にかわってから、犠牲者がまったく出なくなった点はかなり大きな変化。無慈悲なほどに性被害者や死者が出た結衣の頃は、それが緊迫感や迫力につながっていたのも事実。このまま話の規模だけ大きくなると、敵役の存在が上滑りしていきそう。2023/07/26

starbro

198
【★高校事変 完読プロジェクト】 https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/11705040 JK青春ハードボイルド『高校事変』第16弾、2023年5月~「高校事変」シリーズ3カ月連続刊行第三弾です。しかし、即席のレーザー砲でロケットを打ち落とすとは思いませんでした。ハリウッド資本で本作を映画化して欲しいと思います。まだまだシリーズは続きそうです。 https://promo.kadokawa.co.jp/matsuokakeisuke/ 2023/08/18

☆よいこ

83
妹編④最強JKバイオレンスアクション。高校1年の2学期、始業式に学校爆破予告。元自衛隊幹部今体育教師のハスミンwの活躍で阻止。瑠那と凛香は高校を狙って落ちてくるロケットをレーザー砲で阻止。防災訓練に暗殺部隊が送り込まれ戦闘中に全校生徒が拉致された。「三体」と名付けられた核弾頭搭載軍事衛星のコントロールを奪おうとするEL累次体に対して、瑠那は細菌兵器を使用する▽p287「三か月連続の苦労は並大抵じゃなくてよ~」亜樹凪のセリフなのに作者の声が聞こえるゾw妹編の中では最高傑作。敵役ババアもいい感じでした。2023/09/24

H!deking

76
なんかもうここまで来ると惰性で読んでるのは否定出来ないけど、読み始めるとやっぱりちゃんと面白いのが凄いな〜笑2023/08/15

ひさか

73
2023年7月角川文庫刊。書き下ろし。優莉瑠那シリーズ4作目。EL累次体は仮面ライダーでいうところのショッカー的な悪の組織だ。そして瑠那はさしずめ三人めのヒーローである仮面ライダーv3だ。そう思うと、高校事変のぶっ飛んだ戦いは納得できる。シン仮面ライダー的なノリも垣間見えて、松岡さんの仕掛けは興味深い。と感想が暴走気味…。2023/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21366944
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。