角川文庫<br> 遺跡発掘師は笑わない―災払鬼の爪

個数:
電子版価格
¥770
  • 電書あり

角川文庫
遺跡発掘師は笑わない―災払鬼の爪

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月20日 17時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041133026
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

湯けむりの街、別府。無量は依頼を受け、古墳時代の遺構の学術発掘に赴いた。
人材育成を兼ねた発掘らしく、若い参加者も多い。
別府温泉は「地獄」とも呼ばれると知った無量は、やっと力を取り戻した〈鬼の手〉の本領発揮と張り切るが――。

内容説明

大分は湯けむりの街、別府。無量は依頼を受け、学生による発掘調査に指導役として参加した。現場からは国東半島の奇祭「修正鬼会」のものらしき面が出土し、無量は凄まじい迫力に圧倒される。面の裏には錆が付着しており、下に銅製の遺物が埋まっている可能性が。作業を持ち越した翌朝、なんと土坑が掘り返され、埋まっていたはずの遺物が持ち去られた!しかも犯人の遺留品らしき石匙が不自然な状態で残されていて―?

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。「風駆ける日」で1989年下期コバルト・ノベル大賞読者大賞を受賞後、90年『炎の蜃気楼』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

33
海外での発掘に魅力を感じ、移籍するかどうかを悩む無量。そんな彼が古墳時代の遺構の学術発掘依頼で湯けむりの街・別府に赴く第十七弾。人材育成を兼ねた発掘らしく若い参加者も多い現場で、彼のいい気分転換になるかと想いきや、何者かに盗まれてしまう発掘予定の埋蔵物。国東半島にあったとされる瓜生島にまつわる五鬼伝説も絡めたトラブルに、無量たちが巻き込まれてゆく展開でしたけど、災厄を払う鬼の意外な一面も知ったりもして、外に出ることが全てではないという選択肢も知った彼が、これからどう決断するのか今後の展開が気になりますね。2023/05/23

うめきち

26
読み終わってしまった。もっと読んでいたかったなぁ。今回萌絵のアクション少なめで物足りなかった。複雑に歴史がからんでいて頭フル回転させて活字を追いました。次回作が楽しみです。2023/04/29

tomtom

23
今までより謎が複雑ではなかったので、読みやすかった。相変わらず人のものを盗ろうと人を襲撃する人ばかり出てくる。斗織がトラウマを乗り越えられたのがよかった。将来のカメケンメンバーかな?萌絵が苦戦するほどの人がする剣道はとてつもなく強かったんだろうな。2023/08/09

Y.yamabuki

18
今回は、国東半島を中心にした話で、民俗学的要素も多分に含まれ興味深かった。すっきりしたストーリー、それでいて、謎も絞られた範囲の中でしっかり提示されている。ここ最近で一番良かった。それにしても今後無量はどうするのかな? 2023/08/07

香翠

17
無量と萌絵のこの先はどうなるのか…二人がそれぞれ決断するのはまだ少し先?今回の舞台は大分県。脈々と積み上げられた人の営みは一見何も無い、つまらなさそうなことに思えるけれど、実に浪漫だったりするんですね。終盤の修正鬼会の鬼舞、その場いたら息するのも忘れて観入ってしまっただろうなぁ。2023/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20884595
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。