角川ホラー文庫<br> 逡巡の二十秒と悔恨の二十年

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川ホラー文庫
逡巡の二十秒と悔恨の二十年

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月16日 22時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041119938
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

限りなくロジカルで、理不尽で、グロテスクな恐怖――。単著未収録短編集!

内容説明

わたしは20年前の記憶に苛まれ続けていた。子供の頃のたった20秒の迷いが、川で一緒に遊んでいた幼馴染を見殺しにしたのだ。当時の「記憶」は次第に「現在」を崩壊させ始め…?表題作ほか、食用の人間がいる世界を描く問題作や、落語と都市伝説の有名人たちを掛け合わせたユーモア作、代理出産をめぐる壮大な物語まで―。ホラー、ミステリ、SFのジャンルを超えて読者を驚愕させてきた著者の、単著未収録作品集!

著者等紹介

小林泰三[コバヤシヤスミ]
1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門、2012年『天獄と地国』で第43回星雲賞日本長編部門、14年『アリス殺し』で啓文堂書店文芸書大賞、17年『ウルトラマンF』で第48回星雲賞日本長編部門を受賞。20年11月逝去。21年、第41回日本SF大賞功績賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっこ

63
10話短編。その作品も小林さんらしいグロテスクなホラーでその世界観に一気に引き込まれる。バラエティな一冊。なかなかグロさが後を引くものもあります。「ようぐそうとほうとふ」がチラッと出てきて嬉しかった。2022/07/23

キナコ

30
ホラー・ミステリー・SFと様々な短編で構成された一冊。全10話。どれも読了後の胸に残るざわつきがクセになる。会話を通しての言葉遊びがテンポよく、一気に読んでしまった。 特に「イチゴンさん」「メリーさん」の言葉遊びか好き。会話文が多いが、会話だけで登場人物の表情や仕草が読み取れるような世界観が流石だと思う。グロさとエロさを混ぜ混めた世界観は好き嫌いが分かれるかと思う。2022/03/13

みなみ

28
単行本未収録作品が集められた短編集。グロさとエロさが入り混じった世界観は賛否が分かれるだろうけれど、これでこそヤスミンだよなぁとしみじみしながら読了。お気に入りは「メリイさん」と表題作の「逡巡の二十秒と悔恨の二十年」。一方で「食用人」「サロゲート・マザー」はグロいため、なかなか周りにおすすめすることは難しい。2022/10/18

おすし

27
『玩具』みっちゃん。あああああっ。『逡巡の二十秒と悔恨の二十年』脳内時間 『侵略の時』タイトル通りのグロSF 『イチゴンさん』民間信仰系ホラー 『草食の楽園』人間雑食でちょうどいい 『メリィさん』www 『流れの果て』“果しなき流れの果に”オマージュ?壮大な多世界をさまよう男と待ち続ける女 『食用人』、『サロゲート・マザー』肉食に関するキレイごと…ヤスミンこれ系テーマ多いね 『吹雪の朝』お得意のキモい女系ミステリ ──あたま二話のチョイスがデビュー作を思わせ胸熱。ヤスミン中毒患者向けのシビレル一冊。2022/05/17

くまちゃん

27
SFやホラーな短編集。どれもグロな感じなので受け付けない人もいるかも。作者らしい言葉の応酬も懐かしく。久しぶりに、ようぐそうとほうとふに会えた。てぃーきーらいらい!!2022/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18687681
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。