角川ホラー文庫<br> 恐怖―角川ホラー文庫ベストセレクション

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川ホラー文庫
恐怖―角川ホラー文庫ベストセレクション

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041118801
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ショッキングな幕切れで知られる竹本健治の「恐怖」を筆頭に、ノスタルジックな毒を味わえる宇佐美まことの図書館奇譚「夏休みのケイカク」、現代人の罪と罰を描いた恒川光太郎の琉球ホラー「ニョラ穴」、誰からも省みられないホームレス男性の最期を描いた平山夢明の衝撃作「或るはぐれ者の死」など、現役の人気エンタメ作家による力強い作品と、小松左京のアクロバティックな発想が光る怪奇小説「骨」、土俗的恐怖とフェミニズム的視点を融合させた直木賞作家・坂東眞砂子の「正月女」、耽美的なゴシックミステリーで没後も熱烈なファンをもつ服部まゆみの和風人形怪談「雛」、昨年11月惜しくも急逝した小林泰三氏渾身の一作「人獣細工」などレジェンド級の名品が、ホラー小説の豊かさをあらためて提示する。心霊・怪談系の作品が多かった『再生 角川ホラー文庫ベストセレクション』に対し、『恐怖 角川ホラー文庫ベストセレクション』にはSFや犯罪小説、ダークファンタジーなどの発想を用いた作品も収録。この二冊合わせ読むことで、日本のホラー小説の神髄を味わうことができる。

コピーライト続き
(C)Masako Bando 1994.2021.Yumeaki Hirayama 2007.2021.Unga Asamiya 2021

内容説明

『再生 角川ホラー文庫ベストセレクション』に続く、ベスト・オブ・角川ホラー文庫。ショッキングな幕切れで知られる竹本健治の「恐怖」、ノスタルジックな毒を味わえる宇佐美まことの「夏休みのケイカク」、現代人の罪と罰を描いた恒川光太郎の沖縄ホラー「ニョラ穴」、アイデンティティの不確かさを問い続けた小林泰三の代表作「人獣細工」など、SFや犯罪小説、ダークファンタジーテイストも網羅した“日本のホラー小説の神髄”。

著者等紹介

朝宮運河[アサミヤウンガ]
怪奇幻想ライター・書評家。1977年北海道生まれ。ホラーや怪談・幻想小説を中心に、各社媒体に書評・ブックガイドなどを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ままこ

89
8編のミステリ度の高いホラーアンソロジー。恒川さん「ニョラ穴」タイトルから奇怪。服部さん人形の怪異『雛』、坂東さん「正月女」この因習恐ろしすぎる。どちらも狂った想いからくる執着心が怖しい。宇佐美さん「夏休みのケイカク」背筋が凍るどんでん返し。小林さん「人獣細工」マッドサイエンスホラー。平山さん「或るはぐれ者の死」理不尽さが際立ち、一番怖かった。どの作品も戦慄のラストが待っている…。2022/09/02

H!deking

87
このシーズンにピッタリな恐怖をテーマにしたベストセレクションですね。ハズレ無しのアンソロジーでした。夢兄のはぐれ者の死はやっぱり名作ですね。何度読んでも面白い!2023/09/04

さっこ

79
ホラーの名手による短編8話。怪異あり悪意ありで面白かった。宇佐美さんだけ既読でした。小林泰三さんの世界はやはり没頭して読んでしまいます。新作が読めないのは本当に残念。坂東さんと小林泰三さんの作品が特に面白かった。2021/12/20

sin

78
竹本・恐怖とは…考察は一巡して新たな恐怖に行き当たる。小松・井戸掘りの際に出土した骨…発掘する死の堆積、結末は容易に察しられるが狭間へと誘う筆遣いが良い。宇佐美・同情は過去に遡り自らがさらけ出されてやり直しを迫る。坂東・病ゆえ?それとも人本来の繰り事か…人を呪わば因習に沈む。恒川・おぞましい怪物の棲まう島で…。平山・或る弱者の視点、弱者の境遇、否、人に強弱ありや?服部・俗っぽく臆病な店主が遭遇した不可思議は夢想にあった怪異に結ぶ。小林・まるで読経のように単調な独白が結末のビジョンへと引き摺っていくようだ。2022/07/07

こら

76
待ってましたのベストセレクション第二弾。豪華作家陣がドドン!8作品とも名に恥じない名品揃いでしたが、個人的には、小松左京「骨」、坂東眞砂子「正月女」、小林泰三「人獣細工」がお気に入り。小林作品はあまり読んだ事なかったけど、この生理的嫌悪感を齎す作風は好み。あとがきによれば、『再生』が好評だったので、今作刊行に繋がったとの事。これは第三弾が待ち遠しい!2022/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18480786
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。