角川ホラー文庫<br> 人外サーカス

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

角川ホラー文庫
人外サーカス

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年04月21日 00時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 339p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041108352
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

インクレディブルサーカス所属の手品師・蘭堂は、過去のトラウマを克服して大脱出マジックを成功させるべく、練習に励んでいた。だが突如、サーカス団が吸血鬼たちに襲われる。残忍で、圧倒的な身体能力と回復力を持つ彼らに団員たちは恐怖するも、クロスボウ、空中ブランコ、オートバイ、アクロバット、猛獣使いなど各々の特技を駆使して命懸けの反撃を試みる…。惨劇に隠された秘密を見抜けるか。究極のサバイバルホラー!

著者等紹介

小林泰三[コバヤシヤスミ]
1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門、2012年『天獄と地国』で第43回星雲賞日本長編部門、14年『アリス殺し』で啓文堂書店文芸書大賞、17年『ウルトラマンF』で第48回星雲賞日本長編部門を受賞。20年11月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナルピーチ

152
サーカス団vs吸血鬼による激闘の一夜を描いた一冊。団員達の特技を活かした攻撃が果たして吸血鬼に通用するのか?!命懸けのショーが幕を開ける。スリリングな展開とダークファンタジーな世界観はまさに小林ワールドと呼べる内容。角川ホラーからの出版となってはいるものの、ホラー要素は薄めのイメージでラノベ感覚の方が強かったかな。多少グロもあるけど後味の悪さもなし。そしてなにより、バックパッカーの徳さん、あんたが一番恐いわ!2021/07/31

坂城 弥生

60
可憐な表紙だけど、結構血みどろの格闘系だった…吸血鬼が仲悪かったからなんとかなったけど、結託されたら手も足も出ないだろうな。2021/02/12

『よ♪』

56
思いっきり表紙買い。ホラー文庫から出てるけど内容的には目一杯エンタメ振りしたサバイバルバトル。人外(吸血鬼)vs人(サーカス団)。夏の短夜に楽しめる軽快なB級ホラー。はじめに引掛け(?)があって頭混乱したけど読み直して解決。ふむふむ、そーゆーことね。騙された(;´▽`A`` 主人公の名前でなんとなく某"東〇喰種"を連想したんだけど、どっちかっていうと"J〇J〇の第二部"的な感じかも♪あ、あとボクが萌え萌えした表紙の娘は誰?主人公が最初に会う吸血鬼がそうかな?でも、"カラフルな服"って書いてあんだよね…💧2021/07/23

つばめ

53
吸血鬼が存在し、人間が襲われる世界。しかし吸血鬼がいる事は人々に浸透してはおらず、夢物語のよう。そんな世界で吸血鬼を倒し殲滅していく組織『コンソーシアム』は、サーカスに紛れ各地を転々とする。仲間の吸血鬼をコンソーシアムに倒され命からがら逃げ延びた生き残りが仲間に危険を知らせる『ランディを殺せ』。サーカスに狙いを定めた吸血鬼たちと、己の身体能力とアイデアで打ち勝とうとする団員たち。目が離せなくなる展開と、命懸けの戦いが魅力で、ラストは切ないなあ。2024/03/30

神太郎

36
吸血鬼と吸血鬼ハンター集団コンソーシアムが偽装したサーカス団に間違われたインクレディブルサーカス団団員たちの死闘を描く。圧倒的な強さを誇る吸血鬼達になんの装備もない一般人がどう立ち向かうのか…。知恵をふり絞り戦う感じはジョジョ第一部や二部を彷彿とさせる。力対力ではないので楽しかった。ネフィリムに出てくるキャラに小林泰三作品のレギュラーメンバー?徳さんが無双したりとクロスオーバーも醍醐味ですな。てか、徳さん推理力を戦闘力に転換できるとかどんだけ…。今後も展開できそうな感じだっただけに続き読めないのは悲しい。2021/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17179294
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。