軍医が見た戦艦大和―一期一会の奇跡

電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

軍医が見た戦艦大和―一期一会の奇跡

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784041105405
  • NDC分類 916
  • Cコード C0021

内容説明

3000名を超す乗組員の健康管理、空母三隻を失ったマリアナ沖海戦、姉妹艦「武蔵」が沈没したレイテ沖海戦での体験など…軍医だけが知る大和の記憶!

目次

第1章 世界最大の戦艦「大和」乗組軍医に(医学部学生時代;大学から海軍へ ほか)
第2章 激戦を乗り越えた幸運(戦場で「大和」とともに;リンガ泊地での猛訓練 ほか)
第3章 「大和」乗組から海軍兵学校教官へ(「大和」のその後;ドック入りした「大和」 ほか)
第4章 対談 祖父江逸郎×戸高一成(戦時体制下の軍医;激闘下の巨艦「大和」での医療 ほか)
第5章 海軍から大学へ(アメリカ留学へ;恐懼感激の一期一会)

著者等紹介

祖父江逸郎[ソブエイツロウ]
1921年、名古屋市生まれ。43年、名古屋帝国大学医学部卒業。海軍軍医学校での訓練を経て、軍医中尉となり「大和」に着任。乗組軍医としてマリアナ沖海戦、レイテ沖海戦に従軍した。45年1月に海軍兵学校に異動となり、広島県江田島の海軍兵学校大原分校に転勤。8月6日の原爆投下後には現地調査を行った。戦後、名古屋大学教授、国立療養所中部病院(現国立長寿医療研究センター)長、愛知医科大学学長などを経て、名古屋大学・愛知医科大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

当時、世界最大の戦艦の医務室。3000名を超す乗組員の健康管理、空母三隻を失ったマリアナ沖海戦、姉妹艦・武蔵が沈没したレイテ沖海戦など、軍医という特殊な立場から見た戦争の姿を伝える。